CATEGORIES
LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 赤い指 東野圭吾
赤い指赤い指
東野 圭吾

講談社 2006-07-25

なんと、ネタバレなしでがんばりました!難しかった!

ごく普通のサラリーマン、前原昭夫の家族は、息子を溺愛する妻と、15歳のひきこもりの息子と、痴呆症の母親の4人。嫁姑の不仲は息子が生まれて以来ずっと続いており、昭夫の妹が母親の面倒を見に通って来ています。問題だらけで、とっくに幸福とは言えなくなっていた家庭に、ある日、さらに事件がおこります。息子が見ず知らずの少女を、自宅のリビングで殺してしまったのです。息子の将来を守り、自分の身を守るために、両親は必死で知恵を絞ります。そして、恐ろしい計画を考えつくのです。

少年犯罪が起こるたびに、「親の顔が見たい」と多くの人が言いますが、実際に見たらこんな感じなんだろうと思います。あきらかにダメ親だけど、じゃあ、他の人とそんなにも大きく違うか、と言ったら、そんなことはない。家庭内の問題を積極的に解決しようとせず逃げるばかりの父親も、息子を溺愛し甘やかすばかりの母親も、よくいる。どこにでもいる。本当にたくさんいる。この家族の人物造形や人間関係は、非常にステレオタイプなのですが、それでもリアルだな、と思えました。

本の厚さが倍くらいになりそうですが、もうちょっと家族一人一人の背景や心情に踏み込んで欲しかったような気もします。でも、そうしなかったことには、何か理由があるような気もしています。たとえば、犯罪の当事者である息子の内面や、引きこもりの背景にはほとんど触れていないのは、明らかに不自然ですもんね。加賀恭一郎シリーズであることが、その理由なのでしょうか。

直木賞受賞第2作ということで、「容疑者Xの献身」で初めて東野作品を読んで、「赤い指」が2作目だ、という人も多いかと思います。また、東野圭吾作品を以前から読んでいた人も「容疑者Xの献身」と、比較したくなるのは当然だと思います。そして、ある人は「期待はずれ」だと思うのかもしれません。実際、「赤い指はハズレだ」というメールやコメントを、わたしあてにくださった方が複数いらっしゃいます。(悪意があるとは、思いたくありません。)

そしてわたしは、どう感想を書こうか迷っています。少なくとも、わたしにとっては「期待はずれ」ではない本でしたから。どちらかというと「期待どおり」。社会派の重いテーマを扱いつつ、読みやすいエンターテイメント小説であり、必要なリアリティは備えているけれど、読者へのサービス精神を忘れない。とても東野さんらしい本でした。

(どちらかというと、「容疑者X〜」が、東野さんらしいとは言えない本だったんですよね。特に、犯人の動機の爽やかさが、まったく東野さんらしくない。東野さんの小説に出てくる殺人は、動機がエグく、人間らしい欲にまみれていて、だからこそリアルな事が多い。そういう作家さんだと思います。)

東野作品の中でベスト3に入るような作品か、と言われれば、たしかにそこまで良くはなかったし、欠点だってあるんだろうけど、公平に見て、レベルの高い小説だったと思います。少なくとも、ハズレ、なんて言われるほどひどい小説ではない!

でも、「期待はずれ」と言われる理由もわかるのです。「容疑者X〜」で初めて東野作品を読んで「赤い指」を読みたくなった人は、アクロバティックなトリックに、「あっと驚く」事を期待されたのかもしれませんね。「赤い指」にも終盤でのどんでん返しはありましたが、それは簡単に予想できるもので、「あっと驚く」という点では「容疑者X〜」に負けますよね。

でもこの点で、「容疑者X〜」と「赤い指」を、比べてはいけないと、わたしは思います。東野さんは、引き出しの多い作家さんですが、この2つの作品は、違う引き出しに入っている本だと思うからです。事件が最初に提示され、犯人が最初から分かっているという点で、また、解決編が、あざとい泣かせのエピソードと同時に描かれるという点で、似ているように見えるかもしれませんが、この2つの小説はジャンルが違います。「容疑者X〜」は、倒叙式の本格ミステリィであったのに対し、「赤い指」はある家族の2日間を描いたサスペンスです。「赤い指」にも、どんでん返し的なものはありましたが、それは一流のエンターテイナーの読者サービスであって、この本の中心的な魅力ではないでしょう。「赤い指」と同じジャンルに入ってくるのは、「レイクサイド」や、「手紙」や、「さまよう刃」あたりですよね。「赤い指」は、ミステリィの形をとった、社会派の問題提起小説です。

純愛とか、感動とか、泣けるとか、そんなことを期待された方もいらっしゃるのかもしれませんね。その件に関しては、もう、テーマが違うので、感動するかどうかは人それぞれですよね。そもそも主役が幼児殺しの加害者側なのですから、彼らがどんなに感動的な行動を取っても、彼らに全面的に同情したり共感したりすることなんてできないでしょう。(わたしは、加賀刑事のプライベート部分のエピソードでは感動してしまったのですが、わたしだけかなあ。ある程度予想はついていましたが、看護婦さんとの将棋のエピソードは、やっぱり感動的なエピソードだと思うんですけど・・・。泣けませんでした?)

「容疑者X〜」を気持ち悪いとしか感じられなかった人がいるように、「赤い指」に感動できない人がいてもしょうがないですよね。わたしも、事件の加害者の家族のエピソードは、出来すぎのオチがちょっとあざとい気がして感動で泣くというところには至りませんでした。でも、そこが東野さんらしいし、わたしは嫌いではありません。

というわけで、直木賞受賞第2作と、帯には大きく書いてあるものの、内容は、2匹目のどじょうなんて、全然狙ってない作品だと思いました。原型は1999年に書かれたものだそうですし。(本来なら、2000年に刊行された短編集「嘘をもうひとつだけ」の中の6つ目の作品になるはずだったんですが、東野さんご自身の意向で、長編になったそうです。)。しかも、加賀恭一郎シリーズです。新しい読者を獲得できる大チャンスに、長く続いているシリーズ物を持ってきてしまうなんて、欲がないというか、それでも売れるという自信のあらわれか・・・。

「赤い指」は、最近の東野圭吾作品らしさ満載の本。これは、読者をふるいにかける小説だなあ、と、思いました。東野圭吾さんという作家をこれからも追いかけるのか、「容疑者Xの献身」という1冊の本だけが好きなのか。「赤い指」は、非常に東野圭吾らしい小説なので、これを読むことで読者それぞれにとって、はっきりするのではないでしょうか。わたしはこの姿勢はいさぎよくて好きでした。出版社の姿勢なのか、東野さんの姿勢なのかは、わかりませんが。

とりあえず、加賀恭一郎ファンは、絶対に読むべき1冊。これだけはたしかです。ああ、あの加賀君も大人になって・・・
| は行(東野圭吾) | 00:07 | - | - |
▲ 天空の蜂 東野圭吾
天空の蜂天空の蜂
東野 圭吾

講談社 1995-11

原子力発電所の上に、爆薬をつんだヘリコプターをホバリングさせ、「日本中の原発を止めなければ、墜落させる」という脅迫が、「天空の蜂」を名乗る犯人からなされました。ヘリコプターは自動操縦になっており、人は乗っていないはずでしたが、犯人にとっても予想外だったことに、その中には1人の子供が閉じ込められていました。日本政府はどう対応するのか?この事件の顛末は?

この本は、どうやら、東野さん渾身の力作で、自信作だそうなんです。でも、売れなかった・・・と、よくネタにしていらっしゃいます。

きっちり取材がなされた、本物の力作だと思うし、社会派サスペンスとして読み応えがあると思う。すごい迫力本だと思う。再読でしたが、楽しめました。

でも、この本が売れなかった理由、わかる気がするんですよねー。原子力発電所や、コンピューター制御のヘリコプターなんていうものの仕組みが、えんえんと説明されたりする。理系の単語に拒否反応がある人は、この分厚い本を読み続けるのは辛いでしょう。それに、登場人物のものの考え方とか、魅力とか、弱さとか、そのあたりがとても男らしい。男性の目から見たら、魅力的な人物かもしれないし、職場の上司としてなら歓迎だけど、女性が活字で読んで、一人の人間としての魅力を感じられない面々です。1人のことではなく、出てくる人がみんな、そんな感じ。女性読者には受けづらい本だろうな。それに、原発の危険性が前半の重要な争点なのに、東野さんがテーマにしたかったのはそこではないらしく、後半になって焦点がボケ、どう読んだらいいかわからなくなる本なのです。

東野さんには理系の知識も、文章の技術もしっかりあるので、この本はやはり、すごい本です。でも・・・人の心に訴えかける魅力が足りなかったように思います。東野さんの本には、あざとさがね、少しはあってもいいと思うの。読者にまったく媚を売らないぞ、という感じの本で、その潔さはファンであるわたしの目からはかっこよく見えるけど、売れなかったのはしょうがないかなあ・・・なんて(^_^;)。この手の小説が得意なのは、かつてよく比べられていたけど、真保裕一さんあたりかもしれませんね。
| は行(東野圭吾) | 00:13 | - | - |
▲ 浪速少年探偵団 東野圭吾
浪花少年探偵団浪花少年探偵団
東野 圭吾

講談社 1991-11

再読。懐かしかったです。私自身が、この本を読んだのが、かなり昔なので懐かしい、という意味で懐かしいし、この本の中の教師と生徒の関係や、地域住民と子供と学校の先生の関係が、古き良き人情本という感じで懐かしい。二重の意味で、懐かしい一冊。

少年探偵団・・・というわりに、事件に首を突っ込み、好奇心が強く、素人探偵をやっているのは、担任のしのぶ先生です。明るく、元気で、生徒思いで、関西弁でずけずけさばさば、よくしゃべる。しのぶ先生は素敵です。ああ、しのぶ先生が、年下になってしまったよ(笑)。

この世界観が、あの「白夜行」に通じているというのですから、東野さんの頭の中は、やっぱり凡人とはちょっと違うのですね。この本には「白夜行」の登場人物とはまったく違う、人間味あふれる、明るく、さばさばした、たくましい人々ばかりがでてきます。大阪の古き良き下町という土台から、この本と、あくどいというか、執念深いというか、とにかく暗い「白夜行」がつながっている。まあ、頭では私にも理解できるのですが、やっぱりなんか・・・すごいなあ(笑)
| は行(東野圭吾) | 07:19 | - | - |
● トキオ(時生) 東野圭吾
トキオトキオ
東野 圭吾

講談社 2002-07

ネタバレが少しはあります。

再読。っていうかもう何度読みなおしたかわかんないくらい、何度も読んでいる作品です。1度目に読んだときは、ベタな感動シーンにうっかり号泣してしまったものの(笑)、複雑な構成を把握できていない部分があり、すぐに再読して、やっと理解しました。内容をすべてわかっていたにもかかわらず、3度目に読んだときは、あちこちの細かいツボが泣けました。NHKでドラマ化した時も、テレビを見ながら泣きましたし、ドラマを見た後、再読したときも泣けました。

泣ける場面が、毎回ちょっとずつ違う。それに、泣けるからって、哀しい本というわけではなくて、面白い本なんです。爽やかな、青春小説です。

時代背景がはっきりしている本なので、「古くならない」タイプの再読に耐える本というわけではありません。でも、ストーリーはファンタジーなのに、その時代背景の緻密な描写が、実際に彼らがその時代に生きていたような気がして、再読しても「古いなあ」とは思わず楽しめる、そんな本です。

産みの親にしろ、育ての親にしろ、親が子供に寄せる強い愛情には、問答無用で感動してしまう私です。その多くが、見返りを期待しない、無私のものであるからでしょうか。特にこの作品では、4分の1の確率で難病におかされ、早くに死んでしまうかもしれない赤ん坊を、産む、という両親の決意から物語が始まります。辛い将来がわかっていても、短い期間にたくさんの幸せを凝縮した、宮本夫妻には感動させられっぱなしです。自分たちの老後の面倒をみてもらおうなんて、これっぽっちも思っていませんからね。かっこいいですよね。時生は幸せだったことでしょう。

この本の冒頭のシーンでは、その息子、時生に、とうとう死期が迫っています。もう2度と意識は戻らないかもしれません。病院のベンチで、父親、拓美は、職を転々とするどうしようもない若者だった自分の前にあらわれた、トキオと名乗る少年のことを、妻に語り始めます。短い時間を共に過ごしただけだったトキオの事を、拓美は長いこと忘れていました。若き日の拓美はトキオと共に、消えた恋人、千鶴を追いかけ、産みの母と再会し、自分の出生にまつわる父母の思いを知り、成長していくのです。

いくらドラマ化もされた有名作品だからって、これ以上のネタバレは、マナー違反ですね。1つだけ言えるのは、登場人物の生き方が、みんな、かっこいいってこと。拓美と麗子も、千鶴も、拓美の4人の親も、時生も、みんなかっこいいです。素敵です。若い頃の拓美の登場シーンは、とてつもなくかっこ悪いですが、その彼が、本物のかっこいい男になっていく様子は、見所の1つです。(そんなに詳しい描写はないのですが、行間が想像させてくれます。)
人間はどんな時でも未来を感じられるんだよ。どんなに短い人生でも、たとえほんの一瞬であっても、生きているという実感さえあれば未来はあるんだよ。明日だけが未来じゃないんだ。それは心の中にある。それさえあれば人は幸せになれる。
| は行(東野圭吾) | 22:11 | - | - |
■ 分身 東野圭吾
分身分身
東野 圭吾

集英社 1993-09

ひさびさに再読しました。結末はわかっていても、やっぱり面白かったなあ。

1人目の主人公、18歳の鞠子は、子供のころから自分が母親に愛されていないのではないか、という不安を抱えていました。しかしその母親を自宅の火事で失い、現在は、函館の全寮制のお嬢様学校で暮しています。父親は、発生工学を専門にしている大学教授です。

もう1人の主人公、双葉は、20歳の東京の女子大生。看護婦の母親に、女手1つで育てられました。母親の反対を押し切って音楽にのめりこみ、現在はアマチュアバンドでボーカルを担当しています。テレビ番組出演と言う大きなチャンスがめぐってきたところです。

鞠子の章と、双葉の章が交互に語られる構成になっています。双葉がテレビ番組に出演したことをきっかけに、お互いは自分とそっくり同じ外見を持った人間が、この世に存在することを知ります。なぜこんな2人が存在することになったのか、2人の出生の秘密を、2人それぞれが暴いていく本です。2人が出会うとき、すべての謎は解けます。

その中心の部分は、ネタバレしてもいいんじゃないかなってくらい、誰にでも予想できるオチなのですが、どうしてそれが、2人が大人になった今になって、騒ぎを引き起こすことになったのか、という部分が、読んでいてとても印象的で、深く納得しました。なるほどねー、そういう裏エピソードが隠れていたのかー、やられたなあ!お金があると人間ってろくな事を考えないものね・・・(^_^;)

これが真相ね、と、思ったところから何度もどんでん返しのある、読者サービス満点の構成で、東野さんらしく、大変満足しました。でもタイトルからして「ネタバレ」なので、意外と「謎解き」には重点をおかずに読んだほうがいい本なのかもしれません。

「遺伝子」「発生」という、いわゆる「神の領域」に、最先端医療はずかずかと踏み込んでいきます。その先陣を切った科学者たちの、苦悩の人生を想像して、なかなか深い本だな〜、と、思いました。ほかにも、自分の娘が自分の遺伝子を受け継いでいるのかどうかわからない、という不安、同じ遺伝子を持つものに対する複雑な感情など、登場人物の心情を行間から読み取ろうとしてみると、何度読んでも面白い!

もちろん、単純に、ミステリー&サスペンスとして楽しい本でもあります。オススメ。
| は行(東野圭吾) | 01:10 | - | - |
▲ 探偵倶楽部 東野圭吾
photo
探偵倶楽部
東野 圭吾
角川書店 2005-10-25

by G-Tools , 2006/06/04





政財界のVIPのみを会員とする調査機関、探偵倶楽部が暗躍する短編集。

・・・普通だったな。うん。普通のミステリー短編集だった。表紙を見なければ、東野作品だなんて気がつかないだろうな、ってくらい、普通でした。
| は行(東野圭吾) | 22:17 | - | - |
■ ゲームの名は誘拐 東野圭吾
photo
ゲームの名は誘拐
東野 圭吾
光文社 2002-11-19

by G-Tools , 2006/05/04




敏腕広告プランナー・佐久間は、クライアントの重役・葛城にプロジェクトを潰されました。ひょんなことから家出してきた葛城の娘と出会った彼は、葛城に復讐すべく、娘を人質にした狂言誘拐をたくらみます。

読者の予想が次々に裏切られ、最後まで気の抜けない、東野さんらしいサスペンス。東野さんの作品の中では、特に傑作とは言わないけれど、エンタメとして普通に面白かったです。

佐久間のキャラクターが、実にいいんですよねー。自信家で、野心家で、鼻持ちならない嫌味な奴。この本の最初のシーンは、彼と、ある女性との別れ話なのですが、そこで一気に女性読者の反感を買うことは間違いないと思われます。

ある種の男性からは、かっこいいと思われるタイプのキャラクターかもしれませんね。仕事ができて、運動は欠かさず、マンションの部屋はいつも整頓されていて、女にもてて・・・都会的な生活を送る男性。古き良きスタイリッシュって感じです。

でも、読み進めていくと、完璧主義に過ぎるところが天然で微笑ましかったり、執念深く復讐心を燃やすところが、ウジウジ、ネチネチ、チマチマ、って感じで、人間味溢れる人物です。個人的には、こんなやつ大嫌いですが(笑)、この物語の主役としては、すごくいいんですよ!

こんな男性が、すべてを自分の思い通りに支配しているつもりで進めていた誘拐ゲームが、物語の後半で、まったく違う顔を見せていくんです。犯人側の視点だけで描かれている、ということで、読者も佐久間と一緒になって、ビクビクしたり、ハラハラしたり、グルグルになったりできます。

頭の悪そうなレビューになりましたが、これ以上書いたら、ひどいネタバレになるのでやめます。

ちなみに、わたしが持っているこの本の帯には、映画版の宣伝がのっています。

「完璧な誘拐を演じていたはずだった。二人が恋に堕ちるまでは……」

これを見ると、本文中にも出てきた、「ストックホルム症候群」の話かと思ってしまいますよね。少なくとも小説は、そんな本ではありません。映画版と小説版では微妙にラストが違うので、こんな帯になっちゃうんですよねー。構成の緻密さや人物描写は小説版、ラストは映画版が好きです。藤木直人も好きです。
| は行(東野圭吾) | 11:14 | - | - |
▲ ウインクで乾杯 東野圭吾
photo
ウインクで乾杯
東野 圭吾
祥伝社 1992-05

by G-Tools , 2006/04/23

シンプルな、密室殺人事件です。時代を感じます。バブルだ!

東野さんの作品には、上昇志向の強い女性が多く出てきますが、その上昇志向というのは、たいてい「お金持ちになること」、それだけで、とてつもなくシンプル。

この本の主人公・コンパニオンの香子もその典型で、いつか高価な宝石を買える日を夢見て、玉の輿を目指し努力しています。東野さんの描く強い女性の中では、知性が感じられない珍しいタイプだけど、明るくて、甘え上手で、ちゃっかりしてて、好感の持てる女性です。昔は、こんな風に無邪気で可愛い女性も描いていたのね・・・。

香子の仲間のコンパニオンが、密室で殺害されたところから、物語が始まります。

するとすぐ、香子のマンションの隣の部屋に、担当刑事が引っ越してきて、香子に情報を流してくれるようになります。香子が以前から玉の輿、と、目をつけていた相手も、どうやら事件関係者らしく、何かと接触してきます。ご都合主義すぎ!ありえない!

でもまあ、軽くて、さらっと読める、楽しい本でした。電車の中で読むにはぴったり。
| は行(東野圭吾) | 00:28 | - | - |
■ レイクサイド 東野圭吾
レイクサイドレイクサイド
東野 圭吾

実業之日本社 2002-03-16

妻は言った。「あたしが殺したのよ」―湖畔の別荘には、夫の愛人の死体が横たわっていた。四組の親子が参加する中学受験の勉強合宿で起きた事件。親たちは子供を守るため自らの手で犯行を隠蔽しようとする。が、事件の周囲には不自然な影が。真相はどこに?そして事件は思わぬ方向に動き出すー。

「BOOK」データベースより
この感想を書くにあたって、Yahoo!で検索をかけ、この作品に関する他の方の書評や感想をチェックしてみました。いつもは絶対にしないことなのですが、映画化されたものを見ていないので、情報収集です。

そうしたら、映画に関しては、あんまり気にしなくても良さそうだということがわかってよかったのですが、べつの部分で、不安が出てきました。

私は、この本の1番の特徴は、すべての登場人物の心理描写がない、という事だと思っていたんですけど。ほとんどの方が、その点に触れておられないんですね・・・。「白夜行」の書評では、主人公2人の心理描写がないことが、必ずと言っていいほど触れられているのに、この本に関しては、誰も何も書いていないのはどうして?書いちゃいけないの?そこは別に大事じゃないところ?私の読み方が間違っている?不安だ・・・。

この本では、本当に徹底して、心理描写が排除されています。誰かの行動は描かれても、その人が何を考えてそうしたのか、まったく描かれません。事件が起こったとき、誰がどういう反応を表したのかは描かれても、本当は何を感じたのかは、いっさい描かれません。読者は、表面に現れた情報しか与えられないのです。

だからこそ、読者も、合宿のメンバーの1人になったような気分で、犯人あてに集中できるんだと思います。真の探偵は読者のあなたです、って、これはそういう本だと、私は思っています。

そんなわけでこの本は、私の中では「どちらかが彼女を殺した」や「白夜行」系列に分類されています。社会問題は、味付けといったら言いすぎですが、テーマというより題材で、この小説は本格ミステリィとして、犯人当てや謎解きを楽しむ本でしょう。お受験がクローズアップされているとはいえ、「さまよう刃」「殺人の門」「手紙」のように、重いテーマで問題提起!なんていう本ではありませんよね。親子関係が重要なファクターとはいえ、「秘密」「時生」「容疑者Xの献身」のような、どっぷりひたって感動!っていう本でもありませんしね。

「心理描写があっさりしていて物足りない」「心理描写が浅い」「人物描写が足りない」なんていう文章を、あちこちで見たんですけど・・・そういう本なんだってば!浅いも何も、全然ないんだってば!そこが面白いんだってば(泣)

まあ私も、東野さんの著作群の中で、これが特に「傑作」あるいは「大作」だとは思いません。家族って何?親子って何?この結末は正しいの?などと真面目に考えるにあたっては、確かに、この本は物足りないのかもしれなせん。でも、面白い趣向だったと思うし、とても東野さんらしい本だと思います。推理小説に対する、尽きないアイデアと、チャレンジ精神が素晴らしい。

ああ、そう思ったのは、私だけなのかな・・・。

わたしが見つけた中では唯一、わたしと同じところにこだわった感想をUPしていたサイトは、いつもお世話になっている、ざれこさんの本家でした。記念のリンク
| は行(東野圭吾) | 15:17 | - | - |
▲ 美しき凶器 東野圭吾
photo
美しき凶器
東野 圭吾
光文社 1992-10

by G-Tools , 2006/04/05


かつて、世界的に活躍するスポーツ選手だった4人の男女。
彼らには、葬り去らなければならない過去のデータがありました。
それを盗み出すために、スポーツ医学の権威・仙堂の屋敷に忍び込んだ4人は、
あやまって、仙堂を殺してしまいます。

仙堂の遺体と共に、屋敷に火を放ち、すべてを燃やした4人。
過去を知るものはいなくなり、すべてが上手く行くように思えました。
しかし4人の仲間は、1人、また1人と殺されていきます。

この4人の仲間に忍びよる、恐怖の影の正体は、
4人にも、読者にも、初期の段階から明らかになっています。
だからこれはミステリーではなくサスペンスで、
サスペンスとしては、そこそこ面白かったです。
全然、嫌いじゃありません。

でも、まあ、東野さんの作品を好きな順にあげていったら、
ラスト5に入るだろう、という感じ。(あ・・・)

ラストシーンの「ベイビー」というセリフは、悲しかったなあ。
犯人が、すごく、可哀想でした。
| は行(東野圭吾) | 12:13 | - | - |
<< | 2/5PAGES | >>