CATEGORIES
LINKS
<< ■ アンハッピードッグズ 近藤史恵 | main | ▲ 誰か 宮部みゆき >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● 雨恋 松尾由美 
4104733016雨恋
松尾 由美
新潮社 2005-01-26

by G-Tools

タイトルどおり、恋愛小説ですが、ホラーであり、ミステリーでもあります。

渉が引っ越したマンションには、雨の日にだけあらわれる幽霊がいました。幽霊の名は、千波。3年前にこの部屋で自殺した、ということになっている、24歳の女の子です。しかし本人は自分は誰かに殺されたのだ、と、主張しています。渉は部屋から出られない千波の手足となって、真犯人を探すために動き始めます。

渉には最初、千波の声を聞くことしかできません。事件の謎や、千波の人生が明らかになるにつれ、また、渉と千波の距離が縮まるにつれ、足の方から順に、千波の姿が見えてきます。短かった千波の人生には、辛いことばかりで、本当に可哀想です。

渉は幽霊である千波を、恐いとも、気味が悪いとも思っています。にもかかわらず、初めから、彼女にとても親切です。千波に対してだけでなく、たとえば「ネコ好きな人」や、「病気の人」など、自分とは違う立場の他人の気持ちを、一生懸命想像して、傷つけないよう努力する、ありえないくらい優しくて、純粋な人です。

だから、「2人が仲良く、陽だまりのリビングで、ネコと幸せな時間をすごして欲しい」なんて読者はつい思ってしまうのですが、設定上それは無理なんですよねー。足しかなかったり、顔がなかったりする相手、しかもすでに死んでいる相手に、恋をすることになった渉の戸惑いが、ひしひしと伝わってきて、おかしくて、かわいくて、かなり切ないラブストーリーでした。ラストはちょっと、お涙。

事件の真相は、私には意外でした。伏線がはりめぐらされていたにも関わらず、全然よめませんでした。ミステリーとしても、読み応えがあると思います。






「ありえない恋、ラスト2ページの感動」「雨の日は魔法。小さな奇蹟があなたの心に水分を補給します。あの松尾由美が、こんなにストレートな切ない恋愛を書くなんて。」

これが、帯にあったあおり文句です。これは、今流行の、恋愛+死=涙、という方程式に、この小説をのせようとしたんだと思います。映画化するならヒロインは竹内結子でしょうね。私は古くからの松尾由美さんのファンなので、彼女の才能を、流行のこの枠にはめられてしまうのは、ちょっと嫌ですが、これで松尾由美さんの読者層が広がればいいなあ、と、思います。

松尾由美さんは、一貫して、SF+ミステリーの形の小説を書いてこられた方ですし、以前に出版された「スパイク」という本も、恋愛小説と言えなくもなかったし、代表作の「バルーンタウン」シリーズの中にも、恋愛の要素がつまったものはたくさんありました。「雨恋」は、私は、とても松尾由美さんらしい作品だと思います。松尾由美さんらしくて好きです。

とりあえず、殺人事件の謎解きをしながら、幽霊と恋愛する物語を、ストレートな恋愛小説とは言い難いと思います。帯に偽りあり、ですよね。
| ま行(松尾由美) | 22:59 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:59 | - | - |