CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 夜の光 坂木司 | main | ■ パパママムスメの10日間 五十嵐 貴久 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ロードムービー 辻村深月
4062150859ロードムービー
辻村 深月
講談社 2008-10-24

by G-Tools

誰もが不安を抱えて歩き続ける、未来への“道”。子どもが感じる無力感、青春の生きにくさ、幼さゆえの不器用…。それぞれの物語を、優しく包み込んで真正面から描いた珠玉の三編を収録。涙がこぼれ落ちる感動の欠片が、私たちの背中をそっと押してくれます。はじめましての方にも、ずっと応援してくれた方にも。大好きな“彼ら”にも、きっとまた会えるはず。《出版社より》
「冷たい校舎の時は止まる」をすっかり忘れてしまってから読んだので、ああ、確かにこの人はどっかに出てきたような名前だが全然思い出せない…というような事の連続で(^_^;)。もう一度、「冷たい〜」を再読してから、この本を読み返そうと思います。でも、この本単独でも、わりと好きだったなあ。

○ ロードムービー
ワタルと友達になったことで、今まではクラスの人気者だったのに、いじめられっ子に転落してしまったトシ。いじめはエスカレートしますが、トシとワタルは友情を深めていきます。トシも、ワタルも、それぞれに素敵な子でした。あと、うん、どんでん返しにはまんまとやられました!

□ 道の先
塾講師のアルバイトになった俺は、先生いじめが趣味で、今まで数々の先生を辞めさせてきた千晶という少女に、なぜか気に入られてしまいます。教室では女王様のようにふるまう彼女ですが、彼女には彼女なりに悩みがありました。優しい…というよりは、押しに弱くて優柔不断な「俺」は、いい教師とは言えないかもしれませんが、彼もまた成長途中の学生さん。彼の優しさに触れた事が、千晶にとって、長い目で見て良い経験になるといいなあ、と、思いました。

△ 雪の降る道
自分と同じ名前の親友が死んでしまい、その後寝込む事が多くなったヒロと、毎日見舞いにくるみいちゃん。ある日ヒロは苛立ちに任せて、みいちゃんに酷い言葉を浴びせてしまったのですが…。すごくいい話で、感動的な話だったんだけど、なぜか印象が薄い…。この短編は、おそらく奥が深いのでしょうけれども、ちょっと残念。
| た行(辻村深月) | 16:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:03 | - | - |