CATEGORIES
LINKS
<< ■ 寒椿ゆれる 近藤史恵 | main | ■ ロードムービー 辻村深月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 夜の光 坂木司
4103120517夜の光
坂木 司
新潮社 2008-10

by G-Tools
慰めはいらない。癒されなくていい。本当の仲間が、ほんの少しだけいればいい。

本当の自分はここにはいない。高校での私たちは、常に仮面を被って過ごしている。家族、恋愛、将来……。問題はそれぞれ違うが、みな強敵を相手に苦戦を余儀なくされている。そんな私たちが唯一寛げる場所がこの天文部。ここには、暖かくはないが、確かに共振し合える仲間がいる。そしてそれは、本当に得難いことなのだ。
坂木さんの作品の中では、初期のひきこもり探偵シリーズが好きで、だから、最近の健全路線からたまにはちょっと外れて、昔みたいにちょっと病んだ感じの小説も書いてくれないかな、なんて思ってました。だから、この作品が病んだ感じの小説だったので、それだけでちょっと嬉しかったです。天文部のメンバーの、一風変わった友情の描き方も好きでした。特につるむわけでもなく、協力し合って何かを目指すわけでもなく、打ち明け話や悩み相談で絆を深めるわけでもない。つかず離れずの微妙な距離感で付き合っているんだけど、深い所で、心を許し合っている。王道ではない友情や仲間を描いていて、新鮮だったし、いいなあと思いました。

ただ、なんだろう、この小説は、何だかとても、わかりにくかったんですよねー。共感しにくいというか、無理があるというか。

天文部のメンバーは、仲間以外の人といるときは、自分を押し殺し、本心を隠して生きていて、そんな自分たちの事を「スパイ」と呼ぶんです。自分たちは「スパイ」なので、お互いはコードネームで呼びあわなければならない、なんていう掟もあったりして、それはまあ、一種のゲームというか遊びなんですけれども、その遊びにかなり依存してしまっているメンバーの痛々しさが、その病んだ感じが、私の求めていた「初期みたいな坂木さんの本」って感じで、良かったんです。良かったんですけれども、その設定の説明が足りない上に、無理がありすぎる。なんだか残念な気がしてしまった一冊でした。
| さ行(坂木司) | 16:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 16:01 | - | - |