CATEGORIES
LINKS
<< ■ クジラの彼 有川浩 | main | 特効薬 霧村悠康 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ママの友達 新津きよみ
評価:
新津 きよみ
光文社
¥ 1,680
(2007-03-20)

主婦の典子のもとに、差出人不明で突然届いた中学時代の交換日記。その直後、メンバー4人の中でリーダー格だった長谷川淳子が、他殺体で見つかったとのニュースが。音信不通だった残りのメンバーの人生も、日記をきっかけに大きく動き出す……40代女性の人生に起こる様々な事件をサスペンスタッチで描き出す、感動の書下ろし長編!

感動…は、あんまりしなかったんですけれども、色々と、考えさせられる小説ではありました。友達って何だろう、親友ってなんだろう、なんてね。大人になると、そんなことを考える事ってあんまりないけれど、10代のころは、一大事だったよなあ、なんて。

「ママって友達いるの?」と娘に問いかけられて、答えに困る典子がリアルでした。学生時代の友人とは日常生活にまぎれて疎遠になっていっているけど、今でも「友達」と言えるんだろうか。ご近所さんとの付き合いは、波風を立てないように気を使うばかり。ママ同士の付き合いは、あくまでも子供を介したもので、たとえば子供同士が違う学校になったりしたら、もう会う事もないのかもしれない。職場の同僚は、同僚にすぎず、職場が変わればやはり会う事はなくなるんだろう。親しげに言葉を交わす人はたくさんいても、どこまでが「友達」なのか。自分には「友達」が本当にいるのか。

考えちゃいますよねえ。たぶん、子育てから完全に解放されて、自分の趣味の時間をとれるようになったり、仕事に全力投球できるようになったりしたら、また「友達」を増やしていけるのかもしれないし、旧友との交流も復活できるのかもしれないけれど、社交的な性格ではない、大人しいタイプの女性だと、子育て中って孤独なのかもなあ。

この小説は、登場人物それぞれが、友情を取り戻すだけでなく、新しい人生に向かって前向きな一歩を踏み出していく様子が描かれていたので、後味はとても良かったです。女の友情っていいものですよね。いい本でした。
JUGEMテーマ:読書


| な行(新津きよみ) | 02:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:23 | - | - |