CATEGORIES
LINKS
<< ■ グラニテ 永井するみ | main | ▲ 彼女の知らない彼女 里見蘭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ガーディアン 石持浅海
ガーディアン (カッパ・ノベルス)ガーディアン (カッパ・ノベルス)
石持浅海

光文社 2008-08-21
「勅使河原冴の章」

テッシーこと勅使河原冴には、ガーディアンがついていて、子供のころから彼女を守っていてくれます。彼女の身に危険がせまると盾となって危険を跳ね返し、悪意のある攻撃があればそれを防いで、何割か増しで仕返しをする。そんな存在です。テッシーは、幼いころに亡くなった父親が彼女を守ってくれているのだと信じています。

そんな彼女の能力が、職場の仲間たちに知られるようになった時、事件が起こります。同僚の1人が駅の階段から落ちて亡くなったのです。その現場に居合わせたテッシーは、その時、ガーディアンの力が働いた事に気がつきました。彼の死は、警察によって事故として片づけられましたが、テッシーには納得できません。彼が、ガーディアンによって殺されたのだとしたら、彼はテッシーを殺そうとした事になります。しかし、テッシーには彼に殺されるような理由が思い当たらないのです。彼の死は、本当に事故だったのか、それともガーディアンによって殺されたのか、それとも自殺か。

なかなか面白く読めました。主人公のテッシーが、ガーディアンに守られているという特殊能力はあるものの、ごく普通のいい子すぎないいい子で、親近感の持てるヒロインだったので、読みやすかったです。それに、探偵役となる栗原という人物が、とっても善良で誠実で人間愛にあふれる魅力的な人でねー。ほかの登場人物にも、悪い人っていうのはいなくて、みんないい人。恐い話になりそうなホラー&ミステリーを、ほわーんとした温かい物語に仕上げてくれていました。

まあ、途中で、彼には今自殺する理由が無い!と、その線が完全否定されていたのに、結論はごにょごにょ、という点が、若干納得できませんでしたが…。うん、全体的に、楽しく読めました。

「栗原円の章」

冴と栗原の娘、円の物語。冴の元をさったガーディアンは孫娘にあたる円を守っています。そして、その守り方は、ますます過保護に、ますます過激になっています。中学生になった円は、友人と共に入った郵便局で、銀行強盗の一団に遭遇しました。円は、そしてガーディアンは、どう動くのか?

冴の章では、ガーディアンは結局誰も殺さなかったし、信頼できる男に娘が出会ったらそっと離れていった。一応は、父性愛の物語として温かく終わっていました。でも、円の章は、ガーディアンがついていたことで、たくさんの人が死んでしまう陰惨な物語です。円という主人公も、気味の悪いほど良く出来た子で、好感をもてない。…この物語は…どこをどう楽しんでいいのか…。

栗原円の章を無しにするか、例えば大人になった円の物語か、円の娘の物語か、何かもう1つ物語を追加して、後味よく終わってくれればよかったなあと思います。
| あ行(石持浅海) | 21:40 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:40 | - | - |