CATEGORIES
LINKS
<< ■ パパママムスメの10日間 五十嵐 貴久 | main | ■ レッド・マスカラの秋 永井するみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 人くい鬼モーリス 松尾由美
人くい鬼モーリス (ミステリーYA!)人くい鬼モーリス (ミステリーYA!)
松尾 由美

理論社 2008-06

高校2年の夏休み、わたしこと村尾信乃は、家庭教師のアルバイトのため、優雅な避暑地にやってきた。手ごわいと聞いていた生徒は、芽理沙という名の超美少女。小生意気だけど、どこか寂しさを漂わせた芽理沙に、わたしは興味をひかれる。だが、すてきな夏になるかも、という期待は、あっさり打ちくだかれた。芽理沙に引き合わされた「人くい鬼」を見た瞬間に。この世のものとも思えない異様な姿をした、この世に存在するなんて信じたくもない、生き物だった。彼女いわく、大人には見えないし、生きている人間に害はあたえないそうだが、はたして、その言葉をうのみにしていいものだろうか?やがて、静かな別荘地を震撼させる、恐ろしい事件がたてつづけに起きる―。人くい鬼の存在を知らない大人たちの推理と、その存在を前提に繰り広げる少女たちの推理。少女たちと人くい鬼の不思議な絆を描く、さわやかでマジカルなミステリー。(「BOOK」データベースより)
あとがきによると、モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」へのオマージュだそうです。軽井沢の山奥に、子供にしか見えない伝説の怪獣、モーリスが住んでいて、死体の気を食べて生きている。その設定だけで、なんだかわくわくします。そして、陸の孤島となった別荘地で、次々に死体消失事件が起こる…ああ、わくわく。このわくわく感は、ジュブナイルに無くてはならないものだと思います。この小説はまっとうにジュブナイルでした。

そして、大人が読んでも楽しめる、良くできたファンタジー&ミステリーだと思いました。エピローグをどう捉えるかというあたりで、大人と子供の差がでるのかもしれませんね。

大人として私が読んだ感想としては、もう少し子供時代の記憶がない母親に育てられたという事が、芽理沙の人格形成にどのような影響を及ぼしたのか、そして、それをどの程度芽理沙が自覚しているのか、というあたりを突っ込んで欲しいような気がしました。あと、祖父、母、芽理沙と、3世代にわたって遺伝?した、モーリスを恐れることがないという彼らの性向に、何らかの理由付けがあったら、ストーリーに説得力があったかなあと思います。
| ま行(松尾由美) | 21:36 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - |