CATEGORIES
LINKS
<< ■ 人くい鬼モーリス 松尾由美 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ レッド・マスカラの秋 永井するみ
レッド・マスカラの秋 (ミステリーYA!)レッド・マスカラの秋 (ミステリーYA!)
永井 するみ

理論社 2008-12
街路樹が色づき、空気がこうばしくなる。なにか素敵なことが起きそうな予感に満ちた、秋。ティーン向けのファッションショー、東京ガールズフェスティバルは、トレンドに敏感な女の子たちで大盛況。私は、三浦凪、17歳。ファッションに興味がないわけじゃないけど、今日ここに来たのは、モデルの友人、ミリの晴れ姿を見るため。ランウエイを颯爽と歩くミリはレッド・マスカラを塗ったアイメイクも印象的で、文句なくカッコよかった。でもその舞台裏は、彼女が勧めたマスカラのせいで、まぶたが腫れたモデルがいるという噂で持ちきり。あんなに仕事に情熱とプライドを持っていたミリが、モデルを辞めようとまで思いつめている。マスカラに問題があるのか、モデル仲間の嫉妬なのか?ミリには胸を張ってランウエイに立ってほしい。私は調査に乗り出す決心をした。『カカオ80%の夏』につづく、大好評のハードボイルド・ミステリー、シリーズ第2作。
やっぱり出ましたね、続き。そして、さらに続きが出そうで嬉しいです。

1作目に続き、この2作目でも、凪は探偵ばりの大活躍を、友達のためにすることになります。1作目と比べると、かなり積極的に動き、積極的に人と関わっていて、凪の成長がきちんと描かれていました。謎解きはちょっとあっけなさ過ぎて、1作目のほうが楽しめたけど、2作目は2作目で満足。凪とマスターの関係が、もどかしくてなかなかいい感じです。
| な行(永井するみ) | 21:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:35 | - | - |