CATEGORIES
LINKS
<< ■ 文盲 アゴタ・クリストフ | main | ▲ 夜の光 坂木司 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 寒椿ゆれる 近藤史恵
寒椿ゆれる寒椿ゆれる
近藤史恵

光文社 2008-11-21
猿若町捕物帳シリーズ第4弾。面白かったな〜。まだまだ続きそうで嬉しいです。

千陰の義母・お駒の妊娠から話は始まります。つわりがひどくて何も咽をとおらないお駒のために、何か彼女の喜びそうな、物珍しい食べ物を…ということで、一家は巴之丞のオススメである猪鍋を食べに、乃の字屋に出かけます。猪鍋は家族みんなの舌にあい、お駒も喜んで食べる事ができたのですが、その数日後、乃の字屋で事件が起こります。

今回の見どころは、何といっても、新キャラのおろくです。結婚もしておらず子もいない千陰は、もしお駒に男子が生まれたら、弟にあたるその子が、家を継いでもいいと思っているのですが、千陰の子に家を継がせたい父親は、お駒が出産する前に千陰を結婚させようと、見合いをさせます。そのお相手が、おろくです。ちょっと変わり者で、初婚にしては年が行き過ぎているおろくですが、千陰とは気が合う様子です。目が利き、頭も良く、度胸もある彼女は、事件の解決のためにも活躍します。千陰とは実にお似合いです♪さて、千陰とおろくのロマンスの行方やいかに?
JUGEMテーマ:読書
| か行(近藤史恵) | 01:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:25 | - | - |