CATEGORIES
LINKS
<< ■ ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎 | main | ▲ 夜を着る 井上荒野 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 無言の旅人 仙川環
無言の旅人無言の旅人
仙川 環

幻冬舎 2008-01

真面目に考えたら、こんなに辛い決断はないよねえ。植物状態になって、回復の見込みのない愛する人の命を、本人の望み通りに奪うか、自分の感情を優先して延命治療を続けるか。難しい問題ですよね。色々な事を考えさせられる一冊でした。

この本の中では、植物状態に陥った耕一が、前もって準備していた「尊厳死」要望書をめぐり、彼の両親、妹、婚約者、友人たちなどが、それぞれに、悩み、悲しみ、苦しみ、それでも彼の意思を尊重しなければと考え、「尊厳死」を受け入れようとする過程を丁寧に描いていきます。耕一の望みを叶える、と、家族が決断したその時、ある事件が起こります。

医療サスペンスだけど、霧村小説とか海堂小説とは違い、とことん人間ドラマが重視されていて、問題提起もはっきりしていて、小説らしい小説でした。メールのエピソードは出来すぎでしたが、全体的に辛い小説だったので、読者としては救われるラストエピソードでした。

結局、緊急事態が来る前に、病気になったり事故にあったりする前の、健康で正常な精神状態のときに、本人が決断を下し、家族とも話し合って、意思を統一するべきだと言う事ですよね。そうしておいたとしても、いざという時には、本人が望んでいた通りに家族が動いてくれるかはわからないけど、そこは家族間の信頼関係の質にもよりますね。

我が家の場合は、死とか死後というものにあまり興味が無いというか、死んだら人間はただの物体、土に戻るだけ、と全員が思っているので、自分の死に対する執着や希望が誰にもありません。そんなわけで、延命治療拒否の書類はずいぶん昔に全員分作って、定期的に更新してます。誰も何も悩んだりしなかったなあ。あっさりと、家族全員が、同じ結論に達し、サクサクと書類を作りました。でも、たとえば私や弟が結婚したり、子供(両親にとっては孫)ができたりして、新しい家族ができたら、その人たちとはちゃんと話し合わなきゃいけないんだろうなあ、そうしたら、私個人の意思だけを押しとおすわけにはいかなくなるのかもしれないなあ、と、思いました。きっとうちの家族のような人達は少数派なんだろうから。

| さ行(その他の作家) | 17:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:24 | - | - |