CATEGORIES
LINKS
<< ■ ガーディアン 石持浅海 | main | ▲ カフェ・コッペリア 菅浩江 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 彼女の知らない彼女 里見蘭
彼女の知らない彼女彼女の知らない彼女
里見 蘭

新潮社 2008-11
パラレルワールドからやってきた男に、「君は、すごいんだ」って言われた。私には、気付いていない可能性があるんだってさ。金メダルが狙えるくらいの―だから、走ってくれないかって。「私」の影武者として、あっちの世界で。信じてみよう、この人の言葉を。素人だけど、走ってみる。42.195km。2016年、東京オリンピックを目指して。本気を出しもせずに、生きているつもりでいるのはもうやめた。並行世界の「私」のために、私自身のために―。第20回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。
これが処女作なんですねー。それにしては、という言い方は失礼かもしれませんが、確かに面白い小説でした。もともと私はパラレルワールドものは好きなので、設定だけでテンションアップしましたし、トップアスリート選手の日常生活という、未知の世界が描かれていた事も、興味深く読むことができました。

ただ、色々と、惜しいなあ、と、思うところはありました。一番残念だったのは、村上と夏子の心の交流に、もうちょっと踏み込んでおいてくれたら、どんなに感動的なラストだっただろうに!という点です。村上には夏希がいて、夏子は4ヶ月で元の世界に帰ってしまう人だけど、それでもその4ヶ月の間に、2人は強い絆を作ったんだと思うのです。だからこそ、あのラストシーンがある。それがちょっと、伝わりづらかったな。あと、夏子が元の世界で女優を目指すというのも…うーん…。杏樹を羨ましい、戦ってみたい、と思っていた自分に気がついたからって、同じ世界を志すなんてあまりに安易。

でも、次作に期待して、楽しみにしています。
| さ行(その他の作家) | 12:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:28 | - | - |