CATEGORIES
LINKS
<< 特効薬 霧村悠康 | main | ■ 文盲 アゴタ・クリストフ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 流星の絆 東野圭吾
流星の絆流星の絆
東野 圭吾

講談社 2008-03-05

ドラマ化される前に読んではいたのですが、感想を書く前に、ドラマ化が発表されてしまい、だったらドラマ見てから感想を書こうかな、と思って時がたち、ドラマが終了してから3ヶ月もたった昨日、再読。

ドラマの話を聞いた時、やっぱり配役に激しく違和感があったんですよねー。功一は絶対に長身細身であって欲しかったので、ジャニーズのイメージじゃなかった。塚本高史とか成宮寛貴とかがイメージだなあって思ってました。それに、二宮和也が出るならぜひぜひ、泰輔をやって欲しかったんです。錦戸亮は好きですが。静奈も戸田ちゃんのイメージじゃあ可愛らしすぎるなあ、と、思いました。もっと美人系っていうか、猫顔のイメージだったんですよね。田中麗奈とか。

ところが、ドラマを見ている内にすっかり引き込まれ、もうそのキャラクターがしっかり私の中に根付いていて、今回再読した時は、イメージが全部ドラマで浮かんできました。まるで違和感がなかった。ドラマを見始めたときは、原作とイメージが全然違う!ってそればっかり感じていたんだけど、原作を再読してみたら、ドラマの脚本が、かなり原作に忠実であった事に驚きました。セリフの一字一句まで同じところが多い。

東野さんの作品が映像化されると、まったく別物になってしまう事が多いんですよね。そして、東野さんご本人も、それを楽しんでいると発言していらっしゃるので、私も、まったく別のものとして楽しむ事にしてるんです。「秘密」も「時生」も「白夜行」も、原作は小説として、そして、映像作品は映像作品として、お気に入りの作品です。でも、この「流星の絆」は、原作とドラマをセットで好き!って感じになりました。わたしには珍しいパターンです。

唯一ラストシーンはなあ。ドラマより、原作の持っている余韻のほうが好き、かも。戸神に説得されて静奈が出す結論とか、功一と泰輔が自首した後どんな量刑を与えられるのかとか、知らなくてもよかったなあ。
| は行(東野圭吾) | 12:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 12:26 | - | - |