CATEGORIES
LINKS
<< ● サクリファイス 近藤史恵 | main | ■ Rのつく月には気をつけよう 石持浅海 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ GOTH 「夜の章」「僕の章」
GOTH 夜の章 (角川文庫)GOTH 夜の章 (角川文庫)
乙一

角川書店 2005-06-25

GOTH 僕の章 (角川文庫)GOTH 僕の章 (角川文庫)
乙一

角川書店 2005-06-25
主人公の「僕」は悲惨でやるせない凶悪な事件、とりわけ凄惨な殺人事件に人一倍の興味を抱いている青年。クラスメイトと一切の交流がない少女「森野夜」と唯一コミュニケートを行える存在。最近の彼らの話題はもっぱら隣の県で起きた女子高生の殺人事件に集中していた。
ある日「夜」が拾ってきた手帳。それにはその事件の犯人らしき人物の手記が残されていて、、、。

事件に巻き込まれることで「僕」と「夜」の抱えた闇が徐々に明らかになっていく短編集。
ネタバレ!

第三回本格ミステリ大賞受賞作。再読。

私が初めてこの作品を読んだときは、本格ミステリ大賞受賞前で、2分冊にはなっていない、ライトノベルの「GOTH〜リストカット事件」のほうでした。

今回、この作品についての感想を語るには、まず、僕も夜も、彼らの街の異常犯罪者たちも、この作品の世界の中に現実に存在し、事件も現実に起きたのだ、ということを前提として始めなければならないと思っています。もう現実に起こってしまった出来事なんだから、そこに「ありえない!」「そんなやついない!」などとつっこんでも無駄なんですよね。私は初読のときは、さんざんそれをやってしまったので、失敗したんですが…。

だから、僕や異常犯罪者たちが、このような人格に生まれてしまったことの理由が描かれないことを不満に思ってはいけないし、彼らの心理分析をすることに意味はないし、著者の意図を探ることもこの小説に関しては不要だったのだな、と思いました。ただ、彼らの異様な世界を感じればよいんですよね。そんな部分を理解できなくても、十分に良くできた(構成のしっかりした)、面白い小説なのですから。

今回私は、この小説世界に、実際に、僕と夜が生活しているのだと感じながら読みました。そうしたら、クライマックスシーンが自分の記憶にある以上に切なく、絶望的な余韻のあるものに思えました。あ、クライマックスとは、「僕の章」のラストシーン、2人の別れのシーンです。

夜にとっては、たった1人、自分の真の姿を知ってくれていて、自分と同じ生き方をしているように見えた人が、実は逆の人間であったということから受けたショック。僕にとっては、そんなことは分かっていても、それでも執着していた夜という少女からの拒絶。別離のシーンは絶望的で、辛かったです。

僕の夜への執着は、彼女からの拒絶程度で消えるものではないでしょう。同じ街に住んでいれば、何度もそうしたいと思ってきたように、僕はいつか夜を殺すかもしれない。どうやら自殺願望があるらしい夜も、いつか、それを望むようになるのかもしれない。夜を殺さなくても、僕は夜に似た他の誰かを殺すかもしれない。彼らのその後を想像しても、暗澹たる気分になるばかりですが、でも、その物語を読んでみたいと思う自分がいます。

さらにダークな続編希望…かもしれない。
なぜ自分は、このような穢れた魂を持って生れついてしまったのだろう。なぜ、ほかの人と同じではないのだろう。心の中に、そのことへの疑問と悲しみがあふれ出す。

人を殺して喜びを得るようなことをせず、自分も普通の人のように生きたかった。人間を生き埋めにするという妄想に取りつかれず、夜に一人で穴を掘って心を落ち着けることもせず、ただそっとだれにも迷惑をかけないよう生きたかった。

消して多くを望まない。どんなにささやかでもいい。だが自分は、上司が子供の写真を眺めるように、同僚が真新しいシャツで職場へ現れるように、普通の人が送るような、当たり前の人生をいつも夢見ていた。自分にそれが与えられていたなら、どんなによかっただろう。
このとある変質的殺人者の独白は、命を奪った被害者への視点が欠けているので、ただの身勝手な自己憐憫で同情の余地無しなのですが…、それでもちょっと、涙線にきました。共感できてしまう自分がいました。
| あ行(乙一) | 10:03 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:03 | - | - |