CATEGORIES
LINKS
<< 親指の恋人 石田衣良 | main | ■ GOTH 「夜の章」「僕の章」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● サクリファイス 近藤史恵
サクリファイスサクリファイス
近藤 史恵

新潮社 2007-08

ネタバレ!

本屋大賞2位だったのね、と知って、図書館予約をかけたのはずいぶん前の事。いまごろ来たので読みました。うん、期待どおりに、面白かったです。

自転車ロードレース界を舞台にしたミステリー。その世界を全然知らなかったので、それだけでも、いろいろと興味深いものがありました。

自転車ロードレースは、スピードが風の抵抗に大きく左右されるため、集団で走るときは先頭を行くものが圧倒的に不利です。だから、先頭を紳士的に交替しながら、レースを進めることになっています。その、個人競技でもあり、団体競技でもあるような特性ゆえに、チームの選手は優勝を目指す「エース」とエースを優勝させるために走る「アシスト」に、残酷なまでにはっきり分かれています。

主人公は山に強いクライマーのアシスト白石誓。元陸上選手だった彼は、自分が勝つために走るということに執着できず、勝つことを期待されるプレッシャーに耐えられず、自転車競技に転向してきました。彼はアシストという立場を自分で望、自分の役割に誇りを持っています。自分はたとえゴールすることすらできない捨て駒になっても、「エース」を勝たせるために、風除けとなったり、レース展開を左右することに喜びを感じているのです。

しかし、誓のような人は少数派でしょう。競技を始めたころはほとんどの選手がエースを目指していたのでしょうし、エースを目指していまだ奮闘中のアシスト選手もいるし、自分の限界を知ってアシストであることに甘んじている選手もいる。そんな面々がチームメートとして過酷なレースを戦っていかなければならない。精神的に辛そうですね。それぞれに屈折しますよね。この作品の中にも、様々な選手が登場し、それぞれに葛藤しています。

そんな選手たちすべての気持ちを背負って、ゴールにトップで飛び込まなければならない。それがエースの宿命。誓のチームのエースは、プライド高きベテラン、石尾です。ある時、誓がひょんなことから良い成績を出し、大会で注目されたところ、その石尾に関する悪い噂が、次々に耳に入ってきました。以前に石尾は、自分より才能があると目されていた新人を、潰した過去があるというのです。「気をつけろ」と忠告された誓は、最初は信じませんが、次第に彼を警戒するようになります。

そして、とうとう、惨事が起こります。

後半に入ってからなんだかドロドロしてきてしまって、ちょっと読みにくかったのですが、すべての謎が解けてみたら、すごくすっきり!誓もだけど、とにかく石尾がカッコよくて!おかげで読後感がすごく爽やかでした。なるほど、それで、そういう意味でサクリファイス(=犠牲、生贄)ね。

わたし、この本、好きです!

そんなわけで、全体としてはとても面白かったのですが、ちょっと引っかかった2点を、こっそりメモっておきます。

・誓の過去についてですが、このようなメンタリティの持ち主であった彼が、陸上の世界で、いくら才能があったとしても、それなりに輝かしい結果を残せたなんて嘘みたい。

・誓の恋愛がらみの話は全体的に蛇足。彼女が魅力的に描けていなかったこともマイナスポイントだし、双方のお互いへの気持ちが、過去においても、現在においても浅すぎて、いらないエピソードのように感じられた。この小説に、恋愛話でスパイスを利かせる必要はなかったと思う。
| か行(近藤史恵) | 09:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:56 | - | - |