CATEGORIES
LINKS
<< ● 嫌な女を語る素敵な言葉 岩井志麻子 | main | ■ むかしのはなし 三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● HEARTBEAT 小路幸也
4488017150HEARTBEAT
小路 幸也
東京創元社 2005-04-25

by G-Tools

ネタバレ注意!

と、一応書いておきますが、できるだけネタバレはしたくない小説です。

行方不明のかつての恋人を探す青年のストーリーと、あるお屋敷に死んだ奥様の幽霊が現れるという子供たちの噂。二つの縦軸が交互に語られる、ミステリー仕立ての小説です。ミステリ・フロンティアですが、ミステリー仕立てなだけで、ミステリーではありません。

優等生の委員長と不良少女がみつけた一億円という大金。ニューヨークの地下生活。お屋敷にでる幽霊の正体。たくさんの謎があり、解かれていきますが、それでもこれはミステリーとして評価してはいけません。これは、あえてジャンルをつけるとしたら、青春小説です。

オチが、本当にびっくりなんです。これは予想できませんでした。えーっって感じ。(わたしは、これまたオチがびっくりだった、とあるハリウッド映画を思い出しました…)

泣きたくなるような懐かしさと、切なさが残る小説。なんともいえない余韻があって、もう一度はじめから読みたくなります。
| さ行(小路幸也) | 22:25 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:25 | - | - |