CATEGORIES
LINKS
<< 無痛 久坂部羊 | main | ■ ふたつめの月 近藤史恵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 東京・地震・たんぽぽ 豊島ミホ
東京・地震・たんぽぽ東京・地震・たんぽぽ
豊島 ミホ

集英社 2007-08
東京で大地震発生―。「その時」露わになる、心の奥底とこれまでの人生すべて。瓦礫の街で芽生えるのは、悲しい孤独?それとも明日を生きるための勇気と希望?25歳の作家が恐れと祈りをこめて描いた、書き下ろし短編集。
ショートショートに近い長さの短編ばかりですし、結末の手前で終わっているような物語も多く、え?ここで終わり?もう終わり?というようなものが多かったのですが、そこに味わいがありました。

災害小説にありがちな救出感動ものや、お涙頂戴ものは収録されていません。意外な作品が多いです。色んな人がいて、色んな人生があるよなあ、なんて当たり前の事を思いました。読みやすいけど、深い本でした。帯を読んで想像したものとは全然違いまいしたが、いい本でした。

好きな作品は「ぼくらの遊び場」「パーティにしようぜ」。印象が強かったのは「ついのすみか」「だっこ」。作品相互にちょっとしたリンクを見つけて、ちょっと嬉しかったりもしました。

・僕が選ばなかった心中、の話
・空と地面のサンドイッチ
・ぼくのすきなもの
・くらやみ
・ぼくらの遊び場
・ついのすみか
・宙に逃げる
・だっこ
・どうでもいい子
・夢を見ていた
・出口なし
・復讐の時間
・パーティにしようぜ
・いのりのはじまり
| た行(豊島ミホ) | 06:57 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:57 | - | - |