CATEGORIES
LINKS
<< ▲ アイスマン。ゆれる 梶尾真治 | main | ■ 東京・地震・たんぽぽ 豊島ミホ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
無痛 久坂部羊
無痛無痛
久坂部 羊

幻冬舎 2006-04

見るだけですぐに症状がわかる二人の天才医師、「痛み」の感覚をまったく持たない男、別れた妻を執拗に追い回すストーカー、殺人容疑のまま施設を脱走した十四歳少女、そして刑事たちに立ちはだかる刑法39条―。神戸市内の閑静な住宅地で、これ以上ありえないほど凄惨な一家四人残虐殺害事件が起こった。凶器のハンマー他、Sサイズの帽子、LLサイズの靴痕跡など多くの遺留品があるにもかかわらず、捜査本部は具体的な犯人像を絞り込むことができなかった。そして八カ月後、精神障害児童施設に収容されている十四歳の少女が、あの事件の犯人は自分だと告白した、が…。
エグイっていうかグロイっていうか恐いっていうか気持ち悪いっていうか。解剖学的描写が、私には生々しすぎました。お医者さんにとっては、なんてことはないのでしょうけど、私は明るく楽しく穏やかに読書生活をしたい一般人なのでね。ここまでインパクト勝負の描写を入れる必要があったのかなあ?ホラーとしてそういうのを楽しみたい人向けのサービスだったのかしら。

終盤のテンポの速い展開は一気に読めて、面白かったのですが、そこまで読むのがなんだかとっても大変でした。

それに、色々と中途半端な気がする小説で。

凄惨な殺人事件の謎を解き明かすミステリーかと思いきや、メインのストーリーはそこじゃなかったみたいで、ミステリーとしては途中でぐだぐだになっていましたし。

刑法三十九条に関する問題提起小説にしては、インパクトで他の部分に負けている上に、著者が何を主張したいのかよくわからないままでしたし。問題があるってことはわかったし、すごく考えさせられたんだけど、だからどうするべきだと著者が思っているのか、そこが描かれていなかったのが残念でした。だから問題提起のインパクトがないんだと思う。手術シーンの生々しすぎる描写ではなく、そういうところで、現場を知っている医師ならではの記述が欲しいところでした。

それに、2人の天才医師の、見るだけで症状がわかるという、せっかくの面白く料理できそうな能力が、ストーリー全体からすると上手に生かされていない気がしたのも残念。痛みを感じない男という登場人物に関しても、同じように設定がもったいない感じで終わってしまった気がします。無痛症という病気も、テレビのドキュメンタリーなどでよくみかけていて、個人的には目新しくもなかったし…。

無痛治療が実現したらどんなにいいか、とは、真剣に思いますけどね。痛いの嫌い(笑)
| か行(久坂部羊) | 06:54 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 06:54 | - | - |