CATEGORIES
LINKS
<< ▲ ドロップス 永井するみ | main | ■ グラデーション 永井するみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 黒髪 谷村志穂
黒髪黒髪
谷村 志穂

講談社 2007-11-27
ただひたすらに、ひとりの男を愛した女の物語
ロシア人との命懸けの恋 恋愛大河小説の最高傑作

1930年、高田さわは函館のロシア人家庭に女中奉公に出た。そして、いつしか、主人のドミトリーと恋に落ちてしまう。戦争という激動の時代の中で、国境を越え、恋に生きた1人の女。『海猫』の谷村志穂最高傑作

一つにまとめていた髪が解かれた。そのとき、真っ黒な光沢のある髪が滑り落ち、彼女の肩や首筋を覆い、命が広がって見えた。そこに命が漲っていた。――<本文より>
夫と共に3人の娘を育て上げ、可愛い孫にも恵まれて、平穏な毎日を送っている60代になるりえ。幼いころから自分の出生について疑問を抱いていた彼女が、自分のルーツをたどりる物語です。

並行して、りえの実の母親である、さわの人生が描かれます。1930年の函館。貧しい農家の娘だったさわは、亡命ロシア人の屋敷に奉公に出ます。戦争へ突き進んでいく、外国人への偏見に満ちた当時の日本で、さわはそこの主人と不倫の恋をし、彼の子供を産み、最終的には彼を追いかけて太平洋戦争の真っただ中に、大陸へ渡ることになるのです。

ロシア革命もロシア文化も日露外交史も、学生時代に勉強したはずだけど、それを個人のレベルで捉えた事は一度もなかったので、この本はとても新鮮でした。

この小説はもちろん、ひとりの男性をひたすらに愛した女性の一代記であり、恋愛小説なのですが、その部分はあまり好みではないです。谷村小説で描かれる恋愛は、なんだか芝居がかりすぎている気がして、私はところどころで冷めてしまいます。ラブシーンがやけに多く長く生々しいのも、マイナスポイントに感じられる事が多いし。

だから恋愛部分だけなら、ああ谷村小説だなあ、似たようなの前にも書いてたよなあって、好きでも嫌いでもなく、感動もなく、けっこういい小説だと思いながらも、辛口の記事をアップして、終わっていたと思います。個人的には、正直「海猫」も「余命」もそんなに高く評価してないし。

でもこの「黒髪」については、いい小説に出会ったな、と、素直に思っています。時代背景を丁寧に描いているというだけで、こうも小説に厚みが出るのか、というより、こうも自分の中での評価が変わるのか、と、びっくりです。
| た行(谷村志穂) | 22:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |