CATEGORIES
LINKS
<< ★ 千年樹 荻原浩 | main | ■ スロウハイツの神様 辻村深月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
深く深く、砂に埋めて 真梨幸子
深く深く、砂に埋めて深く深く、砂に埋めて
真梨 幸子

講談社 2007-10-16

「今夜も、そして明日も、あなたとこうしていたい」

ただ、本能の赴くままに、天衣無縫に生きる一人の女。
そして、翻弄される男たち。その行く末は、
あまりに儚く、悲しい結末だった。
著者が何をしたかったのかわからない本でした。

叙述トリックをやりたかったんだっていうのはわかるんだけど、効果的に作用していないというか何というか。

帯の通りに一人の魔性の女とその周辺の男性の人間模様を描きたかっただけなら、あまりに人物が薄っぺらく、型どおりで、エピソードにもリアリティがなくて、物足りない。

昼ドラの原案企画書を読んでいるような感じがしました。映像化されたら楽しめるのかも。
| ま行(真梨幸子) | 21:26 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:26 | - | - |