CATEGORIES
LINKS
<< ■ モップの魔女は呪文を知ってる 近藤史恵 | main | ■ 田舎の刑事の趣味とお仕事 滝田務雄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 星降る楽園でおやすみ 青井夏海
星降る楽園でおやすみ星降る楽園でおやすみ
青井 夏海

中央公論新社 2006-08

午後六時十分、横浜にある無認可保育室に二人組の男が押し入り、園長の早紀とともに五人の子どもが人質に取られてしまう。身代金は一人五百万円、期限は夜中の十二時。早紀は共謀者の存在に疑心暗鬼になり、人質家族はそれぞれの手段で我が子救出を試みるが、事態は思わぬ方向に展開していく。家族の絆を問う緊迫の六時間。
この本単独で考えれば十分に面白かったです。

ただ、青井夏海作品はネタがマンネリ化してますよねー。実生活がもろに作品に出るタイプの作家さんなんでしょうか。題材が、妊婦さん、赤ちゃん、保育園、幼稚園って感じなので、また似たような…っていう気がしてしまいます。青井さんのことは全然知らないのですが、きっといいお母さんなんでしょうね。でも、私の感じていることが正しければ、そろそろ小学生の話になり、いずれ中学生の話になって、青春小説を描くようになったりするのかな。うん。楽しみです。

ミステリーとしてもネタギレ感をちょっと感じてしまったので、今度、ミステリーから離れて、普通の小説を書いてみてほしいなあ。女性の心理描写が、しっかりしているんだけど嫌みがないというか、鋭いんだけど温かさも忘れず、読みやすい感じなので、気持の良い作品を描いてくれそうです。ミステリー以外でも十分勝負できそうな気がする作家さんです。
| あ行(青井夏海) | 21:16 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:16 | - | - |