CATEGORIES
LINKS
<< ■ サイモンの災難 茅田 砂胡 | main | ■ モップの魔女は呪文を知ってる 近藤史恵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ インシテミル 米澤穂信
インシテミルインシテミル
米澤 穂信

文藝春秋 2007-08

ネタバレちょこっとあり!

時給11万2000円也で募集された、怪しげな実験モニター企画。集まった12人の被験者たちは、地下の奇妙な館に7日間閉じ込められ、観察されることになりました。そして案の定、連続殺人事件が起こるわけです。

この種のミステリーにしては柔らかくて読みやすい文章で、読んでいる間は楽しかったです。1つの死から始まって、そこから連鎖的に事件が起こっていく過程も、謎解きの過程も楽しめました。まったくの他人同士だと思われていた12人の隠された関係が明らかになり、それが事件にも、解決にもつながっていくあたり、上手いって思いました。

でもなんだか、詰めが甘くて…ラストに不満が残ってしまいました。この手の小説は、途中経過にどんなに無理があっても、すっきりオチがついてくれれば満足度は高いんですけどねー。主催者の意図が最後まではっきり描かれなかったのが、一番すっきりしなかった点かなあ。要するに、すべてが趣味の悪い金持ちの道楽だったってことでいいんでしょうか?そして、須和名の参加理由が最大の謎かと思いきや、その謎は結局、描かれたようで描かれないまま終わった感じだし。あと、最初の1人が死なざるを得なかった理由も、最後の1人になりそびれた人が10億円必要だった理由も、重要なポイントのはずなのに描かれないままだったしなあ。

正直、イマイチでした。米澤さんは日常の謎系青春ミステリーがいいよ、やっぱり。

クローズドサークルの定番、館ものってやつは、どんどん廃れていくのかと思いきや、なんだかんだと途切れることなく次から次に出ていますね。ミステリー作家の方は、一度は挑戦してみたいと思うものなのでしょうか。館もの、かなーり昔に島田さんや綾辻さんの小説を、超面白い!と思って読み漁っていた頃は、私も大好きでした。その頃に大量摂取したせいで免疫がついてしまい、今はどんなに力作でも、なんだか淡々と読み終えてしまう感じなんですよね…。
| や行(米澤穂信) | 02:17 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:17 | - | - |