CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 遠まわりする雛 米澤穂信 | main | ■ サイモンの災難 茅田 砂胡 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 渋谷に里帰り 山本幸久
渋谷に里帰り渋谷に里帰り
山本 幸久

日本放送出版協会 2007-10

わたしはどうやら、山本幸久作品なら、お仕事小説が好きみたいです。この本も好き。

業務用食品の卸会社の営業マン、峰崎稔32歳。今まではただ何となく仕事をこなしてきた彼が、寿退社することになった営業成績トップの先輩、坂岡の担当地域である渋谷を引き継ぐことになり、物語が始まります。真摯に、必死に仕事をしてきて、お得意さんたちから慕われている、坂岡の仕事に対する真摯な姿勢と、その結果を目の当たりにし、それに刺激されて、稔も営業マンとして成長していきます。休憩時間に煙草を吸うために登る屋上で会える、となりの会社の美女と新しく始まった恋も、彼のやる気を応援します。そして、渋谷の街で子供のころの友人に再会して旧交を温め、彼らとこれから仕事をやっていこうと本気になるのです。

前半の稔は、箸にも棒にも引っかからないという感じのどうしようもない奴で、こういう奴とは絶対仕事したくないし、こんな部下がいたら迷惑だし、恋人どころか友達にもなりたくないし、こんな男のどこが魅力的なのかわからん、ってな感じでしたけど、人間は変われるものですよね。お仕事にやる気を出し始めて成長していく稔のことは、応援したくなりました。小説の中でなければ、稔のように、色んな事がいっぺんに、いいタイミングでいいほうに動き出して、周囲のおぜん立ての下で成長させてもらえるなんてこと、めったにないから、これはドリーム小説だけど、こういうドリームなら爽やかでいいです。

坂岡はとても素敵な女性でした。営業成績トップのできる人だけど、人間として女性として、可愛らしい面や優しい面も持ち合わせていて。彼女が、自分のお給料は稔より少ない、と、話すシーンは印象的でした。わたしは女だから、このシーンには現実を突きつけられたなあと思い、彼女を応援したくなり、彼女にねぎらいの言葉をかけ、幸せを祈りたい気持ちになり、会社に腹がたちましたが、男性の読者にとってはどんなシーンなんでしょうね?どこの会社も、似たような現実ってあると思うのですが。仕事ができなくても、やる気がなくても、女よりはお金がもらえて出世してしまうというのは、どんな気分なんだろう?まあ、前半の稔のようなダメ社会人は、自分が無能であることには目をつぶりがちだから、なにも感じない、ってところでしょうかね。

まあ、それはともかく、楽しいお仕事小説でした。頑張っている人、頑張ろうとしている人を描いた本は、爽やかでいいですね。渋谷の街と過疎化問題も興味深かったです。わたしにとっては、渋谷は遊びに行く街ですが、そうだよね、住んでる人もいるんだよね…。
| や行(山本幸久) | 10:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:01 | - | - |