CATEGORIES
LINKS
<< ▲ ふれていたい 小手鞠るい | main | ■ モーニング 小路幸也 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ モノレールねこ 加納朋子
モノレールねこモノレールねこ
加納 朋子

文藝春秋 2006-11

温かく、穏やかな、加納さんらしい短編集。じわじわっといい話ばかりでした。当たり外れがあまりなく、どの作品もわたしは好きです。粒ぞろい。さすが。

以下覚書。

ネタバレ!

△ モノレールねこ
私は「タカキ」という表記を見て、自然に、名字の高木だと思って読んでいたし、文通の内容から、相手は女の子だろうなあ、そして2人は小さな恋に落ちるのね、と、思って読んでいたので、驚きは皆無でした…しまった。でも、一般的に「タカキ」って下の名前なんですか?素直に名字だとおもってしまった私は少数派?なんだかいじけちゃうなあ。高木(=タカキ)裕也のせいだ(笑)(ごくせん3に出ていたジャニッ子若手俳優さんです)

○ パズルの中の犬
夫の帰宅を待つことに、異常なストレスを感じる奥さんの物語。彼女はその時間をやりすごすためにジグソーパズルに没頭します。しかしある時、真っ白なはずのパズルの中に、いないはずの犬の姿を見てしまい、さらに追い詰められていきます。彼女の過去のトラウマとは?

全体として重く暗い雰囲気だったので、最後にハッピーエンドを迎えても、将来の幸せになったこの家族の姿を思い浮かべる事が出来なくて、それが残念でした。

この短編からは、新井素子さんの「おしまいの日」という小説を思い出した。「おしまいの日」は長編なのでストーリーも派手ですし、「パズルの中の犬」より重い感じです。でも、帰りの遅い旦那様を待つ、子供のいない、心配性の奥さんって、本当に大変なんだろうなあって、ひしひしと感じさせられるという部分では同じです。

○ マイ・フーリッシュ・アンクル
両親と祖父母を一度に亡くしたわたしは、いわゆるニートのダメ男である叔父と2人で残されてしまいます。子どもの頃はそれなりに優秀であったらしい叔父が、ここまでダメ男になってしまった理由とは?この叔父が本当にダメでダメでアホで泣ける!でも、とてもいいお話でした。

○ シンデレラのお城
私の偽装結婚相手のミノさんは、10年前に亡くなった婚約者が、そばにいると信じています。幽霊のような存在の彼女と、3人でくらす奇妙な生活と、その結末とは?

個人的にはこの短編が、一番印象が強かったです。こんな幸せは悲しすぎるんだけど、主人公にとても共感できました。全体的に、いい人や正しい人がばかりが主人公であるこの短編集の中で、この一編は、主要登場人物のしていることは、傍から見ると、明らかに間違っている。でも、そんな主人公の方が、共感しやすかったりしますよね。

□ セイムタイム・ネクイストイヤー
娘を亡くしたある母親は、毎年、娘の誕生日にあるホテルの同じ部屋に行くと、そこで死んだはずの娘の成長した姿に会う事ができるという、不思議な体験をしています。いいホテルだし、あったかい人たちですよね。世にも奇妙な物語、って感じでした。

□ ポトスの樹
犬猿の仲である父と息子の物語。息子が結婚し子供が生まれ、そこに嫁と孫という存在が加わったことで、少しずつ、息子は父を理解するようになります。登場する男性が、父も息子も義父も、どこか可愛らしくて、微笑ましく読みました。要するに、愛してたし、愛されたかったって事なんだよね。

○ バルタン最期の日
愛情いっぱいなんだけど、なかなかそれを表現できない不器用な家族を、ペットのザリガニの視点で描いています。家族のために「脱皮」するお母さんが健気で素敵。そしてラストにバルタンにはやられました。うっかり感動させられちゃった。
| か行(加納朋子) | 22:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | - |