CATEGORIES
LINKS
<< セカンドムーン 上杉那郎 | main | ■ 阪急電車 有川浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 温かな手 石持浅海
温かな手温かな手
石持 浅海

東京創元社 2007-12

大学の研究室に勤める畑寛子の同居人・ギンちゃんは、一見、料理上手な普通のサラリーマン。でもその正体は、人間の生体エネルギーを手の平から吸う、人間とはまったく別の種族の生命体です。ギンちゃんの妹ムーちゃんも、元気いっぱいの女子大生に擬態しつつ、サラリーマンの北西匠の同居中。寛子や北西の出会う事件を、名探偵ギンちゃんとムーちゃんが解決する連作短編集。

ギンちゃんとムーちゃんの謎解きが、とにかくスピーディーなので、よく考えると残酷で重い事件が扱われていても、さらっと読めてしまいました。主要キャラクターがみな善良で「清らかな生体エネルギーの持ち主」ばかりなのも良かったです。ラストの一遍が、途中で予想できたオチとはいえ切なくて、お気に入りでした。

そして一番の感想はやはり、わたしもギンちゃん&ムーちゃんとお知り合いになって、今日うっかり取ってしまった過剰なカロリーを抜いていただきたいという事です!清らかな心の持ち合わせがなくて残念でなりません。

個人的にはそろそろ、石持さんの、ガッツリ本格の長編が読みたいのですが・・・。

・白衣の意匠
・陰樹の森で
・酬い
・大地を歩む
・お嬢さんをください事件
・子豚を連れて
・温かな手
| あ行(石持浅海) | 23:30 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - |