CATEGORIES
LINKS
<< ● 人形の部屋 門井慶喜 | main | ■ 時砂の王 小川一水 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 100回泣くこと 中村航
100回泣くこと100回泣くこと
中村 航

小学館 2005-10

ネタバレ!
実家で飼っていた愛犬・ブックが死にそうだ、という連絡を受けた僕は、彼女から「バイクで帰ってあげなよ」といわれる。ブックは、僕の2ストのバイクが吐き出すエンジン音が何より大好きだったのだ。
4年近く乗っていなかったバイク。彼女と一緒にキャブレターを分解し、そこで、僕は彼女に「結婚しよう」と告げた。
交際3年。求婚済み。年の差なし。ここが世界の頂点だと思っていた。こんな生活がずっと続くんだと思っていた―。精緻にしてキュート、清冽で伸びやか。野間文芸新人賞作家が放つ恋愛長編。
いい人ばかりが出てくる、とてもいいお話で、そのいい人が亡くなってしまって、残された人が悲しんでいたので、わたしはあっさり泣けてしまいましたが、でも、あまり高い評価はできない感じ…。

前半は、なかなか好きな感じだったんですよね。地味だけど、透明感があって、素直な文章が、主人公のキャラクターにぴったり合っていて、いい雰囲気だなあと思いながら読んでいました。僕がバイクを直すシーンとかすごく良かったと思う。プロポーズのシーンも好きでした。

でもなあ、後半、彼女が病気になってからの展開にひねりが全くなかったのがなあ。ひねりが無かったというか、ストーリーの展開自体が、あんまりなかったというか。ベタなのは覚悟して読んでいたつもりだったんだけどね。それにしても、これじゃあなあ。はっきり言ってしまえば、つまらなかったです。

まあ、こんなテーマの小説ですから、面白い必要はないのかもしれませんが、それならそれで、もうちょっと深みがあって欲しかったと思うんですよね。ガンを宣告され辛い闘病生活を送る人として、彼女は立派すぎるし、そんな彼女を支える僕も、ほとんど満点の優しく健気な恋人で、そこが一番物足りなかった。もうちょっと彼女が弱かったり、もうちょっと僕がダメな恋人だったりして、一波乱あってくれたら良かったのに、と、思いました。
| な行(その他の作家) | 23:23 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |