CATEGORIES
LINKS
<< ■ 九月の恋と出会うまで 松尾由美 | main | ■ プリズムの瞳 菅浩江 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ いつか、キャッチボールをする日 鯨統一郎
いつか、キャッチボールをする日いつか、キャッチボールをする日
鯨 統一郎

PHP研究所 2007-10

そろそろ引退についても本気で考え始めたベテランプロ野球選手・新島隆二。隆二には隼という小学生の息子がおり、隼も野球チームに所属していますが、野球は上手くありません。キャッチボールもまともにできず、球拾いばかりさせられています。隆二は、そんな息子に辛抱強くキャッチボールを教え、少しずつ良い父子の関係を、築こうとしていました。

しかし、そんな矢先に、隼が重い心臓病であることが発覚します。莫大な手術費用をねん出しなければならなくなった隆二は、様々な事件に巻き込まれていきます。

隼が心臓病になるまでは、温かい家族の小説として、やや退屈ではありましたが、広い心でほのぼのと読めたんですよねー。でも、その後がなあ。ミステリー作家鯨統一郎の本領発揮となるかと思いきや、そうはならず。唐突に事件が起こり、ご都合主義に展開し、ありえねーっ!と、突っ込みたい事の連続。そういう小説手法もあるのでしょうけれど、「家族」「病気」「誠意」「良心」などがテーマの小説の場合、合わないです。偉そうな事言ってすみません。

感想を書こうなんて思わずに、ただ素直な気持ちで読めば「ちょっといい話を読んだな」という感想で終われたのかもしれませんね。でも、私の感想は、正直に言うと「なんだったんだこりゃ」でした(汗)

鯨さんには、やっぱり、歴史についてマニアックに語ったり、荒唐無稽な天変地異を事細かに描写したりといった、熱い作品が似合う気がします。そういうのを、また読みたいです。鯨さんは、基本的には好きな作家さんなんです。
| か行(鯨統一郎) | 09:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 09:56 | - | - |