CATEGORIES
LINKS
<< ■ 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 | main | ■ きみはポラリス 三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
直木賞候補発表
今回は、伊坂幸太郎も、荻原浩も、恩田陸もいないので、
個人的には、まったくテンションの上がらない直木賞。



第137回 直木賞候補作

北村薫「玻璃の天」(文藝春秋)
桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」(東京創元社)
畠中恵「まんまこと」(文藝春秋)
万城目学「鹿男あをによし」(幻冬舎)
松井今朝子「吉原手引草」(幻冬舎)
三田完「俳風三麗花」(文藝春秋)
森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」(角川書店)



…もう、北村薫先生にあげてください。

こんな「新世代」感あふれる候補者たちと並べられているのが、
不自然だし、もうニ度と見たくないわ〜。

ほんっと、何度も言うけど、
先回受賞作なし、なんかにしないで、
北村先生にあげておけば良かったのに。
他の出版社の作品で受賞させても、
直木賞の公平感を一応示せて、イメージアップで元はとれたのに。

今回こそはあげてよね。
…もう、小説の内容とは関係なくね。
文春なんだし、文句ないでしょ。

正直、最近の北村先生の本はお上品すぎて、
下々に生きる私には、「面白い」って感じではないけれど。



で、他の作品を見ると…。

なんと、桜庭一樹が入ってきましたねー。
以前から好きな作家さんだし、この本とても面白かったけど、
まだ、若干、ライトノベルのイメージが抜けず。
今回は顔見世ですね。

万城目学&森見登美彦作品は、両方とも面白かった。
この2人、なんか似てる。
新しい青春文学。ストーリーも面白いけど、
個人的には、ちりばめられたシュールな笑いに、はまる。
でも、いくらなんでも直木賞は早いでしょ。
ここも顔見世って感じだなあ。
どちらかと言えば、話題性で森見登美彦なのかな。

畠中恵は、「まんまこと」はまだ読んでいません。
でも、実績厚いし、人気があるみたいだし、安定しているし、
北村先生以外で選ぶとしたら、本命なのではないかと。
文春だし。文春だし。文春だし。

松井今朝子は、まあ、推す選考委員がいるのは想像がつく。
ただ、時代小説は、私自身が今までに読んできた絶対量が少なくて、
良し悪しがわからないのでなんとも言えない…。
幻冬舎から2冊も候補になってる!って、そこがちょっと嬉しい。

あと…三田完って…ごめんなさい。知らない人です。誰?



というわけで、個人的な好き嫌いは別として、
北村先生とW受賞になっても腹が立たないのは、
松井今朝子くらいです。


以上、敬称略にて、失礼。
 
| 雑文 | 01:51 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:51 | - | - |