CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 闇の底 薬丸岳 | main | 太陽の塔 森見登美彦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ さいえんす? 東野圭吾
さいえんす?さいえんす?
東野 圭吾

角川書店 2005-12

東野さんの意外に真面目で、社会人としてまっとうな感じのエッセイ集。意外に、と言っては失礼なのでしょうけれど・・・。背表紙の内容紹介にも‘俗物作家ヒガシノ’なんて書かれていますが、そういうイメージをご本人も出版社も演出してきたんだろうし、素直なファンのわたしは、それを素直に信じていたので、やっぱり意外でした。自分の事は棚にあげて、東野さんももう若くないんだな、などと思ったりして。(ますます失礼・・・。)

もちろん、どんなに真面目なことや、難しそうなことを書いた文章でも、読みやすいものになっています。楽しいエッセイ集でした。そこらへんが計算しつくされた感じは、さすが東野さんです。
| は行(東野圭吾) | 18:53 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 18:53 | - | - |