CATEGORIES
LINKS
<< ■ メドゥサ、鏡をごらん 井上夢人 | main | ▲ クリスマスの4人 井上夢人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ シャドウ 道尾秀介
シャドウシャドウ
道尾 秀介

東京創元社 2006-09-30

凰介と亜紀は幼なじみで、現在小学5年生。そもそも二人が生まれる前から、父親同士と母親同士が友人で、家族同様に付き合ってきました。物語は、凰介の母が病死するところから始まります。凰介と父・洋一郎の2人暮しがはじまってすぐ、今度は、亜紀の母親が自殺してしまい、2つの家庭が母であり妻であった人を失うことになりました。

亜紀の母親の自殺の真相は、謎に包まれています。残された父親たちには何か秘密があるようで、不安になった子供たちはその秘密を探ります。凰介と亜紀は、お互いの持つ忌まわしい記憶と、今回の不幸の連続に、何か関係があることに気づき始めます。

家庭の中で破滅的な事件が起こったとき、1番かわいそうなのはいつも子供ですね。父親たちを愛しながらも、信じることも頼ることもできず、わけもわからないまま翻弄される二人の子供が痛々しかったです。辛い経験をばねに成長していく姿は、感動的でした。最後まで読み終えてみると、大人たちもかわいそうでした。読後感は、「しんみり」って感じです。

色んなところでしっかり騙されて、どんでん返しに驚かされました。ミステリィ&サスペンスとしても読み応えがありました。面白い本だったと思います。いい本だったと思います。

1つだけ惜しいな、と思ったのは、凰介はしっかりした骨格があり、きちんと肉付けされた、存在感のあるキャラクターだったのに、亜紀のほうはなんとなく薄っぺらいキャラクターに感じられたこと。凰介も小学生男子にしてはあまりに正しく、賢く、優しく、強く、リアリティはなかったけど、キャラクターとしては魅力的な少年で良かったんです。でも亜紀は、守られるべき少女としてしか描かれていなかった気がします。背負っている不幸の分、可哀相なだけのキャラクターで、これはあまりに男性目線の描写だよなあと思いました。

子供2人の健気ながんばりが魅力の小説だっただけに、そこがちょっとだけ残念でした。ほんのちょっとだけね。
| ま行(その他の作家) | 14:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:01 | - | - |