CATEGORIES
LINKS
<< ■ 陽気なギャングの日常と襲撃 伊坂幸太郎 | main | ▲ オランダ水牛の謎 松尾由美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 東京公園 小路幸也
東京公園東京公園
小路 幸也

新潮社 2006-10-28

圭司はカメラマン志望の大学生。幼い頃に亡くした母親がフォトグラファーだったこともあって、被写体として「家族」にこだわっています。学校とバイトの間に時間があれば、東京中の公園に「家族」を撮影しに出かけます。

ある日圭司は、水元公園で見かけた母子を撮りたいと思いますが、許可を取りに行こうとしたとき、その家族の父親、初島さんに見つかり、断られてしまいます。しかし初島さんは圭司に、その母子のおでかけを尾行し、写真を撮って欲しいというアルバイトを頼みます。

圭司はそのアルバイトを引き受け、初島さんの妻、百合香さんと、娘のかおりちゃんを撮り続けます。そして、ファインダーごしに百合香さんを見つめるうちに、しだいに百合香さんにひかれていきます。百合香さんも圭司に気づき、ふたりの間に無言の交流が始まります。しかし、初島さんが、そんなアルバイトを頼んだ理由や、百合香さんが異常なほどに公園めぐりをし続ける理由が徐々に明らかになり、圭司もこのままではいけないと、決断を迫られることになるのです。

このようなストーリーの間に挟み込まれるように、圭司の日常生活が描かれます。アーチスト志望の同居人、ヒロ。幼馴染で元カノの富永。義姉の咲実と、故郷の両親。バイト先のマスター。誰1人、悪い人が出てきません。みんな平凡だけど、誠実で、思いやりのあるいい人ばかりです。特に、ヒロと咲実がそれぞれにかっこよくて、印象的でした。

派手ではないけれど、退屈ってことはなくて、穏やかで、温かい、「ちょっといい本」。ラストも爽やかで、素敵でした。

でも、ぶっちゃけ、私にとっては、どこか気恥ずかしい本でした。おじさんが書いた青春だなってひしひしと感じていしまい、どこか素人っぽい気がして、私のようなおばちゃんには、微笑ましいんだけど、気恥ずかしい。まあ、そんなところも、別の日に読んだら、好きかもしれないという程度の、微妙な境界線上にあるんですけれど・・・。
| さ行(小路幸也) | 14:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:52 | - | - |