CATEGORIES
LINKS
<< ■ 青の炎 貴志祐介 | main | ■ 下北沢 藤谷治 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
箱の中の天国と地獄 矢野龍王
箱の中の天国と地獄箱の中の天国と地獄
矢野 龍王

講談社 2006-10-06

ある日突然見知らぬ男女が一箇所に集められ、命をかけたサバイバル・ゲームに挑むことになります。2つの箱のどちらかを開ければ、上階への扉が開かれる、という簡単なルールです。箱の中には道具が入っていることもあれば、開けた人をあっという間に殺してしまうしかけが入っていることもある。次々に人が死に、パーティーのメンバーは簡単に入れ替わります。生き残れるのはいったい誰か?

ゲームの部分はマニアックに作りこまれています。このゲームを仕掛けた黒幕の正体に関しても、読者に自分で解くようにと、明言されてはいません。だから、パズルとしては楽しめました。パズル以外の部分があっさり、ばっさり、潔く切り捨てられていて、小説として評価するのは難しいです。

それでも、この本の感想をUPしておこうと思ったのは、似たような作風の作家さんが、ものすごく若い人に人気があるようだから。もろに、バトロワの影響は受けてるし、山田○介さんとは、がっつりかぶっていると思うんですよね。でも、この人のほうが色んな意味で上手いと思うし、将来性も感じる。

私は、もういい年なので、これ以上こういう世界を追求しようとは思わないけど、若い人たちが「こういうもの」を求めていて、これを吸収して文章に親しみ、日本語力を養い、小説を楽しんでいるのであれば、「こういうもの」のレベルアップを望みます。「こういうもの」から始まったとしても、読書は読書。入り口がどこであれ、同じ趣味の仲間が増えて、業界が活性化するのは嬉しいことです。

それに、私が学生のころには新本格のブームがあって、私もそれにのっていて、たぶん当時の大人の人たちからは、同じように見られていたんだろうと思う。だから、この著者にも、講談社にも、頑張って欲しいものです。
| や行(その他の作家) | 15:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:27 | - | - |