CATEGORIES
LINKS
<< ■ 夢の宮〜月下友人〜 今野緒雪 | main | ▲ ダブル 永井するみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
★ 風が強く吹いている 三浦しをん
風が強く吹いている風が強く吹いている
三浦 しをん

新潮社 2006-09-21

面白かった!面白かった!面白かった!感動した!以上!と、やたら“!”マークが出てしまう1冊。三浦しをんファンではない人にも、性別や年齢を問わず、オススメできる小説。

駅伝というチョイスは珍しいけれど、基本的には、爽やか青春スポ根マンガ(小説)の王道ストーリーです。王道中の王道。精神的には未熟な天才が1人いて、努力家で頭脳派の2番手がいて、その他大勢は彼らのカリスマ性に魅了され、必死でついていくのよね。その中にはなぜか必ず、双子か三つ子がいるの。応援してくれるマネージャー的存在の美少女も欠かせないわね。それから、ライバルチームには親父くさい貫禄ある王者と、挑戦的でむかつく新人がいて、事あるごとにぶつかるの。そして最後は、現実にはありえないほどの高みに短期間でのぼりつめて、感動!ああ、王道って素晴らしい。「キャプテン翼」も「オフサイド」も「山下たろーくん」も「タッチ」も「スラムダンク」も大好きだ!(あ・・・年がばれる(笑)

とはいっても、この本の舞台、寛政大学陸上部と、実はその寮である竹青荘には、いわゆる“スポ根”はありません。

走(かける)は、高校時代にすばらしい成績を残しながらも、従来の“スポ根”チックな、管理主義的で上下関係にうるさい陸上部で、性格と精神的な未熟さからトラブルをおこし、陸上をやめました。それでも走ることをやめることはできず、1人でトレーニングを続けています。そんな彼が、まともな陸上部もない寛政大学に入学することになって出会ったのが、膝の故障で1度は陸上をやめた、四年生のハイジです。ハイジもまた、“スポ根”の被害者ですが、走ることへの情熱を失うことなく、用意周到にチャンスが来るのを待ち続けていました。2人の運命的な出会いから、オンボロアパート竹青荘に住む10人の大学生が、箱根駅伝を目指して、熱い1年をおくる事になります。

素質はあるものの素人の8人を、各人のペースと性格に合わせて我慢強く指導(操縦?)し、1人前のランナーに育てあげる、ハイジの手腕が見事で、見事すぎて笑えます。箱根駅伝を目指す練習と酒盛りの日々を描いた前半は、およそ現実的ではないのですが、本当に面白かったです。個性豊かな面々の、気の抜けた会話は随所で笑えるし、時に不平不満をぶつけ合いながらも、目標に向けて1つになっていく様子は、まさに青春!

最初は嫌々練習を始めた面々も、一緒に走るうちに協力的になり、ハイジ1人にまかせきりにしていた炊事を当番制にしたり、広報担当を買って出たり、資金繰りに協力したりと、本気で箱根を目指すようになります。応援してくれるようになった地元商店街の皆さんや、八百屋の葉菜ちゃんとの交流も、素朴で素敵です。

選手1人1人の思いを、きちんと描いた後半も最高!駅伝という競技だからこそ、本番のレースを描きながら、全員の心情をきっちり描写する事が自然にできていて、しかもその部分が10人分感動的で、10人とも最高でした。

しをんさん、「きた・・・きた・・・きたぞ〜!とうとう来た!」という感じがします。今まで読んだしをんさんの小説の中には面白いものもあったし、腕があるのは知ってたし、エッセイは大好きだし、押しも押されもせぬ直木賞作家だし・・・いまさらではあるんですけど。最初に読んだしをんさんの小説が体質に合わなかったせいもあって、わたしの中ではいまだにしをんさんは、「いつかわたし好みの大傑作を書いてくれるだろうと信じて待ってる作家さん」っていう位置付けだったんです。その「大傑作」が、とうとう、きた!って感じ。わたしの中でビシッと決まった!って感じ。とるならこの小説で、直木賞をとってほしかった。

往路(1日目)
1区=王子。マンガオタクで運動音痴。トレーニングをはじめた当初は5キロを走るのに30分以上かかり、走を呆れさせる。部屋を埋め尽くした蔵書と、ルームランナーを使った練習で、下の部屋に住む走を脅えさせながら、必死のトレーニングを続け、物怖じしない性格から、注目をあびる1区に抜擢される。(1区ならかなり引き離されたとしても、あとで挽回できるだろう、というのが、ハイジの本心と思われる。)「ハイジさん、僕は楽しかったな、この1年。」

2区=ムサ。理系の国費留学生。故郷の国では、学校へ通うのに車で送り迎えしてもらっていたというお坊ちゃま。オンボロアパートに住んでいるのは、社会勉強のため。当然、陸上に関しては素人。しかし、黒人であることから、走る速さをかわれて留学してきた陸上のエリート留学生と一緒にされ、心無い言葉をあびることもしばしば。そんなプレッシャーに打ち勝って持ち前の身体能力を開花させ、花の2区をまかせられた。人柄の良さが光る。

3区=ジョータ。サッカー経験がある双子の兄。弟と共に、屈託のない明るいキャラクターで、チームのムードメーカー的存在。能天気にはしゃいでいるように見えるが、実は、双子ゆえの葛藤も抱えているようで・・・。双子の襷受け渡し時の会話は、「葉菜ちゃん、もしかしたら俺たちのこと好きかも!」「ええっ、うそー!」。

4区=ジョージ。サッカー経験がある双子の弟。無邪気で天真爛漫でいるだけで周囲を明るくする。走の走る姿に魅せられ、憧れ、本気で陸上に取り組むようになる。「俺が、俺たちが行きたいのは、箱根じゃない。走ることによってだけたどりつける、どこかもっと遠く、深く、美しい場所。いますぐには無理でも、俺はいつか、その場所を見たい。」

5区=神童。田舎出身で山道をかけまわって育ったため、強靭な足腰を持つ。ムサの日本語教師役。優秀な事務処理能力を持ち、経理・広報担当として、ハイジの片腕としてレース直前まで大活躍。しかし、レース直前に風邪をひき、発熱するという不運に見舞われる。

復路(2日目)
6区=ユキ。司法試験合格者。剣道経験者で重心が低く、つまり足が短いことから、箱根の山を下る6区に抜擢される。「俺が怪我でもしたらどうするんだ。」「いいじゃないか。きみは司法試験に合格済みだ。卒業後に、本気で陸上をやる機会もないだろう。」「それもそうか。」。多少ひどいことを言われても、正しければ納得する理論派だが、実はマザコンで、家庭の事情を抱えた人情派である。熱のある神童に「つらかったら、途中で棄権してもいい。」と、言わずにはいられない。「走、あまり遠すぎるところへ行くな。おまえが目指しているのはたしかにうつくしい場所だけれど、さびしくて静かだ。生きた人間には、ふさわしくないほどに。走の魂を地上に結び付けてくれるものがあるといい。ユキはそう思った。ひとの生活、ひとの喜びと苦しみの中に。そこに足をつけてこそ、走はきっと、もっと強くなれるはずだから。」

7区=ニコチャン先輩。高校時代は本気で陸上をやっていたが、骨太で大柄で脂肪を蓄えやすい体型は陸上に不向きで、大学入学と同時にやめてしまった。現在は小太りでニコチン中毒の5年生。「ニコちゃんは選ばれなかったし、祝福されなかった。もしいるのだとするなら、陸上の神とでもいうべきものに。・・・走のように、選ばれ祝福されたランナーになりたいものだと、ニコチャンは心から願ったが、それは果たされるべくもない望みだ。でも、まあいいじゃねえか、とニコチャンは思う。選ばれなくても、走りを愛することはできる。抑えがたくいとしいと感じる心のありようは、走るという行為がはらむ孤独と自由に似て、ニコチャンのうちに燦然と輝く。それを手に入れられたのだから、いつまでもそれは残るのだから、もういいのだ。」

8区=キング。クイズマニアで、テレビのクイズ番組を見て、画面の外から回答者より早く答えることに情熱を傾けているが、上がり性のためテレビに出ることはできない。実はプライドが高く、負けず嫌い。「つかず離れず、無言で絶妙の距離を築く方法が、キングはどうしても上手く体得できない。どこにいても、だれといても、いつも自分が浮いている気がする。角が立たぬよう愛想良く振る舞い、けれどだれにも心を開けない。弱みを見せずに見栄を張る。そんなキングの内側には、もちろんだれも踏み込んでこようとしない。さびしいと感じるのは屈辱だから、愛想ばかりがますますよくなる。・・・キングは自分が嫌いだった。嫌いだということだけはわかり、いまさら生きかたを変える術はわからないままだ。でも、走っているときはちがう。駅伝は一人でも欠けたら成り立たない。求められていることを実感できるし、遠慮もプライドもかなぐり捨てて、支えあうことができる。・・・俺はこんなに、だれかと濃密に過ごせたことはなかった。一緒に、心から笑ったり怒ったりしたことはなかった。たぶんこれからもないだろう。ずっとあとになって、俺はきっと、この一年を懐かしく切なく思い返す。俺はなあ、ハイジ。これが夢であってほしいと思うんだ。」

9区=走。稀有な才能を持ちながら、精神的な弱さと幼さから、暴力事件をおこして高校陸上界を去った。当時の陸上部の仲間からはもともと才能を嫉妬されており、そのぶん深く事件の事で恨まれている。ハイジと出会って再び陸上をはじめ、「早いだけじゃなく強い」ランナーを目指すことになった。「俺が考えていたより、世界はずっと複雑なものだったんだ。でも、俺を混乱させるような、いやな感じの複雑さじゃない。」

ハイジ「俺が嘘をついたことあったか?」
走「けっこうありました。」

10区=ハイジ。父親は、子供に陸上をやらせたくて、遺伝子的に太らない体質の女性と結婚した、という筋金入りの陸上バカ。ろくな陸上部もない行きたい大学に行く、という「小さな反抗」以来、父親とはほぼ絶縁状態だった。「故障し、もとのようには走れないと知ったとき、裏切られたと思った。すべてを捧げたのに、走りは俺を裏切った、と。でも、そうじゃなかった。もっとうつくしい形でよみがえり、走りは俺のもとに還ってきてくれたのだ。うれしい。涙が出そうなほど、叫びたいほど、喜びで胸は満ちる。たとえ、二度と走れなくなったとしても。こんなにいいものが与えられたのだから、それで俺はもう、充分なんだ。」
| ま行(三浦しをん) | 23:52 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |