CATEGORIES
LINKS
<< ■ 記憶汚染 林譲二 | main | ■ 生きてるだけで、愛 本谷有希子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● 出口のない海 横山秀夫
出口のない海出口のない海
横山 秀夫

講談社 2004-08-06

神風特攻隊員の話はよく知られていますが、この本で描かれているのは、その潜水艦版とでも言いましょうか。爆薬をたくさん積んだ、脱出装置のない潜水艦で、敵の船に突っ込んでいく。人間魚雷「回天」の、乗組員の物語です。

太平洋戦争も始めのうちは、学生は兵役を免除されていて、この本の主人公である並木も、大学の野球部の活動を続けています。並木は、ひじの故障が原因で、満足な球は投げられないのですが、野球に対する情熱を失わず、仲間たちと共に練習に打ち込んでいました。しかし戦況は悪化し、野球部員たちも、出陣することになります。そして並木たち、海軍に配属された者たちに、ある日、特攻の任務が下されるのです。

そこからが、この小説は、けっこう長くて切ないんです。「回天」に乗ると決まっても、すぐには死ねないんです。まずは、「回天」を操縦するための特別な訓練を受けなければなりません。自分が死ぬための訓練です。並木は訓練中も、野球への情熱を捨てることができず、こっそりピッチング練習を続けました。そして、日本の負けを予感し、自分が何のために死ななければならないのかと、考え続けました。

やがて訓練は終わり、出航の日がやってきて・・・

野球部の仲間たちの友情と、野球への情熱が、素敵な本でした。並木は、さすが主人公で、全編を通してかっこよく、圧倒的な存在感があるのですが、仲間たちそれぞれの個性も、しっかり描かれていて、彼らの思いも伝わってきて、群像劇として素晴らしかったです。ストーリーは、オーソドックスな戦争文学なのですが、青春小説としても素晴らしかったです。それに若者が死を見つめる姿には、「ノルウェーの森」や、「世界の中心で愛を叫ぶ」のような、いい意味での若さというか、瑞々しささえ感じられて、横山さんの筆力は、やっぱりすごいと思いました。

そして、素晴らしい分だけ切ないんです。悲しいんです。滅入りました・・・。最近私は、なんとなく戦争文学を読むことが多くて、かなり耐性はついていたはずなんです。それに、この本には戦闘シーンはありませんし、戦場の凄惨な描写などもないのです。いわゆる「怖い」シーンは皆無です。

それなのに、古処さんの数々の戦争文学より、真保裕一さんの「栄光なき凱旋」より、大学時代にたくさん読まされたノンフィクションより、子供の頃読んでトラウマになった戦争ものの児童文学より、滅入った。この滅入り度は、半端じゃありません。読者をこれだけ滅入らせるんだから、これは、名作なんだと思うけど。ああ、滅入ったー・・・。

映画のチケットをペアで持ってるんですけど・・・行くの、やめようかなあ。
| や行(横山秀夫) | 00:24 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:24 | - | - |