CATEGORIES
LINKS
<< ★ 栄光なき凱旋 真保裕一 | main | ■ 祝福 野中柊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ あなたにもできる悪いこと 平安寿子
あなたにもできる悪いことあなたにもできる悪いこと
平 安寿子

講談社 2006-08-01

うん。けっこう面白かった。平さんの本なら、私はやっぱり恋愛小説ではないほうが好きみたいです。しかも、男性が主人公のほうが面白い。この本の主人公は、何よりも金を愛する男・檜垣。檜垣が、ひょんなことから知り合いになった里奈の持ち込んでくる胡散臭いネタから、小金をセコく騙し取る連作短編集です。

口の上手さだけで生きてきた、自称スーパー営業マンの檜垣は、元々ほとんど詐欺師で、この本でやったことは完全に脅迫です。しかも、お金に「愛してるよ」なんて話しかけちゃうような、いっちゃってる男だし、実は臆病で寂しがり屋で、里奈に頼りっぱなしの、情けない男です。でも、その情けなさが憎めないんですよねー。

しょぼいネタからみみっちい金額を取るだけでも、脅迫と詐欺という立派な犯罪。それを行う犯罪者が主役で、最後まで裁かれることがないのに、なんでこの本の読後感がいいのか。考えてみると、その相手がみんな、本物の悪党だったからかな、と、思います。檜垣と里奈がお金をふんだくったのは、セクハラの常習犯、NGOを私物化して金と地盤を手に入れた政治家志望、近所迷惑なエセ宗教、不正診療、などなどなど。こういう奴は、とっちめてやってくれ、と、お願いしたいような連中ばかり。

でも、タイトルとは違って、わたしにはこの本に出てくるような悪いことはできそうにないわけです。私には本物の悪党になって大金を得ようなんて度胸もなければ、彼らをとっちめようなんていう勇気もない。だから、この本を第三者的に楽しく読めてしまったんだと思います。

金が天下を回るから
ユニオン
我が善き心に栄えあれ
神様によろしく
あなたが選ぶその人は
カエサルのものはカエサルに
| た行(平安寿子) | 15:14 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:14 | - | - |