CATEGORIES
LINKS
<< ■ 強運の持ち主 瀬尾まいこ | main | ● 四度目の氷河期 荻原浩 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 思いわずらうことなく愉しく生きよ 江國香織
思いわずらうことなく愉しく生きよ思いわずらうことなく愉しく生きよ
江國 香織

光文社 2004-06-19

強気な恋愛ばかり繰り返す34歳の次女・治子は代々木公園の見えるマンションで同棲中。阿佐ヶ谷のアパートに住み、自動車教習所の事務をしている29歳の三女・育子は、恋愛なんて信じていない。理解できる他人とのつながりは友情と信頼、肉体関係だけ。36歳の長女麻子は、「理由もなく暴力をふるうわけではない夫」と結婚して7年になる。DV問題も絡めて、三姉妹の異なる恋愛のあり方を独特の文体で綴る恋愛小説。
amazon 内容紹介より

「思いわずらうことなく愉しく生きよ」というタイトルは、3姉妹の家の家訓です。そして、3姉妹は、自分たちの事を「わたしたちって、のびやかすぎるのよねー。」などと言って笑いあったりしています。でも、3人が全然のびやかにも、心から愉しそうにも見えないところが、痛々しい本でした。

本当にその家訓を実践する家庭で育ったら、麻子は暴力をふるう夫との生活に何年も執着することなんてなかったはずです。治子も、いざという時にだけその行動力を発揮して、頼られるばかりの女になんて、ならなかったはずです。育子の「天使のよう」と評されている、健全で博愛精神に満ちているけれど非常識な言動も、それ自体は悪くないけど、彼女自身にとっては、自分は普通ではない、という息苦しさにつながってきたように見えます。両親の離婚が、そのころにはもう大人になっていた娘たちの人格形成にも、なんらかの影響を与えたのかなあ?それは、ちょっと、考え方に無理があるかな〜。この家訓を実践するのは、意外と難しいという事でしょうか。

でも、3姉妹は仲が良さそうで、それぞれを思い合っていて、羨ましいくらいです。姉妹が欲しかったなあと思いました。とにかく、私はずっと、麻子が夫と別れ、治子が優しいだけのヒモ男と別れ、育子がちゃんとした恋愛をできるようになって欲しい、と、思い続けて読んでいたので、そういう意味ではパーフェクトなハッピーエンドでした。

わたしは初期の江國さんの作品に、好きなものがけっこうあります。あのころの江國作品の世界の繊細さや、脆弱さ、現実からふわっと浮き上がってしまったような独特の孤独感などが、最近の作品からは感じられなくてちょっと淋しいです。3姉妹全員を主人公にすることで、作品に「神の視点」をもたらすより、それぞれを主役に心情描写中心で、リアリティのない、3つの作品を描いたほうが良かったんじゃないかな・・・と、ちょっと思ってしまいました。誰を主人公にしても、「江國さんらしく」なったと思うんだけどなあ。
| あ行(江國香織) | 14:28 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 14:28 | - | - |