CATEGORIES
LINKS
<< ● 残虐記 桐野夏生  | main | ▲ 弘海ー息子が海に還る朝 市川拓司  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
▲ 白の月 谷村志穂 
4087747336白の月
谷村 志穂
集英社 2004-11

by G-Tools

大人の恋愛小説集。どれも「妊娠」にまつわる小説です。そんなに分厚い本ではないのに、8篇収録なので、短いストーリーばかりです。だけど、読み応えがありました。

・冬瓜色
腎臓に障害のある妻が妊娠した。出産には大きなリスクが伴うといいます。この事態に関する意見の相違が、一気に二人の関係を壊します。

読み終わってみれば、これが一番心に残っています。なかなか重いテーマです。

・卵色の愛
優しい夫がいて、生まれたばかりの子供はとてもかわいくて。でもなぜか、梨花は母親になった実感も、自信ももてずに、追い詰められていきます。子供をベビーシッターにあずけ、旅に出た梨花が出会ったものは・・・。単純な育児ノイローゼの話かというとそういう事でもなくて。うまく言えないけど、癒し系でした。でもこんなにいい旦那さん、うらやましー。

・白の月
妊娠8ヶ月。子供の父親にプロポーズされている。それなのに、入籍も、同居も迷っている美咲。彼女には、忘れられない過去の不倫の経験がありましたとさ。

基本的に、不倫小説が嫌いなので、どうもこの話に共感はできなかったんだけど、美咲の新しい恋人・伸之が、なんとも素敵な人で、印象的でした。
| た行(谷村志穂) | 22:01 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - |