CATEGORIES
LINKS
<< ■ ひかりをすくう 橋本紡 | main | ● 静寂の子 谷村志穂 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● ダーク 桐野夏生
ダークダーク
桐野 夏生

講談社 2002-10-29

再読。

女探偵ミロシリーズの・・・第3作目っていうことでいいんですよね。「顔に降りかかる雨」「天使に見捨てられた夜」の続編です。(短編集「ローズガーデン」と、番外編「水の眠り 灰の夢」もあります。)。ジャンルとしては、ハードボイルドミステリィ、って感じです。

この本にはとにかく驚きました。桐野さん、そこまでやるか!というような内容。シリーズにありがちな「お約束」とか「安心感」とか、いっさいなしです。

前2冊の長編でじっくり描かれたミロという女性は、強くて、たくましくて、でも、辛い過去を背負い、孤独で、いつも緊張して生きている。痛々しくて、可哀相な女性でした。そんな彼女だから、ファンも多かったはずです。

でも「ダーク」のミロは、全然違います。人間としてどうなのよ?っていうくらい、堕ちるところまで堕ちています。どう読んでも、この本のミロのファンにはなれない。かなりの悪役です。

前2作で、一応はミロの味方、ということで定着していたキャラクター達も、それぞれの身勝手な理由であっさりミロの敵に回ります。そもそもこの「ダーク」は、今まで、土壇場で登場しては、ミロのピンチを救ってきた養父、村野善三とミロが決定的に決裂し、結果的にミロが善三を見殺しにするところから始まるのです。

だから結局この本には、「悪人」しか出てきません。良い事には何か裏があり、良い人には弱みがある。例外は、赤ん坊くらいでしょうか。登場人物がみんな、恋愛感情=欲望で、その他には、良いことをする理由も、悪い事をしない理由もないんですよね。徹底的に、人間を悪く描いた本かもしれません。「ダーク」というタイトル、ぴったりです。

いろんな意味で、潔い本でした。

この潔さは、私にはかなり心地よかったです。シリーズものの登場人物には、多くの作家さんが愛着を持っているとおっしゃいますし、それぞれのキャラクターにファンもつくから、大事に育てておられる方が多い。でも桐野さんはそうじゃない。現状維持に満足しない、読者に媚びない。桐野さんは気持ちいいくらいにスパッと読者を裏切ります。こういう作家さんは、なかなかいませんから、いつまでも、こういう桐野さんでいて欲しいと思います。希少価値、あり、ですよね。

というわけで、いまさらながら、この本はオススメ。私の味わった衝撃、あるいは快感を味わいたい方は、最低でも前2作、できれば番外編等も読んでから、この本をどうぞ。

ずいぶん昔の記憶なので、出典がはっきりしないのですが、以前、桐野さんは「ミロと自分を重ねられるのは、良い気分ではない」と、言っておられた気がします。でも、この本で生まれたミロの子供の名前は、ハルオ。春生?なんかこのあたりにも、桐野さんの潔さというか、開き直りを感じるのですが・・・考えすぎかな?
| か行(桐野夏生) | 07:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:08 | - | - |