CATEGORIES
LINKS
<< ■ 今夜は心だけ抱いて 唯川恵 | main | ● 新・世界の七不思議 鯨統一郎 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ アコギなのかリッパなのか 畠中恵
アコギなのかリッパなのかアコギなのかリッパなのか
畠中 恵

実業之日本社 2006-01-14

私は塾講師をやっていて、なんだか長いこと似たようなバイトを転々とした結果、今では物理以外は何でも教える「何でも屋」っぽくなっていますが、基本的に専門教科は「社会科」です。塾に行ってまで「社会科」を習おうという子供が少ないので、しかたなく、普段は数学や英語を教えているだけです。

中学の公民や、高校の政治経済の授業をすると、市民の政治参加という単元があり、そこに「政党の手伝いをする」「政党でボランティアをする」という項目が入っています。正直言って私は、政治にはノータッチがポリシーで、興味もあまりないんです。だから、この項目に関して教科書に書いてある以上の知識は持っていません(キッパリ!)。毎年、この部分には深く立ち入らないように授業をし、生徒から質問が出ないように祈るのみでした(笑)。まあ、具体的なことなどわからなくても、暗記さえしておけば、受験には通りますから・・・。

でも、この本のおかげで、少しですが、「政党でボランティアをする」のイメージが、具体的にわかりました。恐い授業が1つ減りました。ありがたい話です(笑)。本を読むことの楽しみの一つに、知らない世界を垣間見れる、という点がありますが、まさにそれでした。私は一生、政治とは縁がないでしょうが、この本で、楽しく政治について勉強しました。

まあこの本は、政党で、というよりは、選挙事務所で、の事件の話のほうが多かったですね。政治家さんって、選挙が仕事なんだよねー。みんなでいっせいにポスターは白黒にし、選挙運動は最小限の公約発表程度にし、選挙にかけるお金を全部何か有意義なことに使うわけにはいかないんだろうか・・・。

なんていうわたしの事情や考えとはまったく関係なく、この本は、ごく普通に、肩の力を抜いて読める楽しい読み物でした。苦労人の大学生、聖が、元大物政治家の事務所でバイトをしながら政治の世界で活躍する、人の死なないミステリィ。面白かったです。続編希望!
| は行(その他の作家) | 07:45 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:45 | - | - |