CATEGORIES
LINKS
<< ★ 慟哭 貫井徳郎  | main | ● 百万の手 畠中恵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 時計を忘れて森へいこう 光原百合
4488012205時計を忘れて森へいこう
光原 百合
東京創元社 1998-04

by G-Tools

時計を捜して森をさまよう翠の前に現れた穏やかで柔らかい声の主、護さんが、この連作短編集の探偵です。環境保護活動や環境教育活動を行っている「シーク」という団体で働いていて、自然をこよなく愛する温かい人です。穏やかで冷静に物事を見ており、真実の物語を読み取る名探偵でもあります。

いわゆる「日常の謎」に分類される、ミステリー仕立てになってはいます。一応。私はこの手の、人の死なないミステリーが大好きです。でも、北村薫さんや、加納朋子さん、青井夏海さんなどと比べると、あまりに、ミステリーとして弱すぎる・・・。

ミステリーではなく、青春文学って感じで読めばいいんだと思います。森の探偵さんのキャラクターは、私は大好きで、もろタイプでした。彼に恋している、主人公の翠も、地味で真面目で好感を持てるキャラクターでしたし。

でも、正直言って、かったるかったなあ。なんとなく、NHKの教育テレビを見ているような気分でした。
| ま行(光原百合) | 21:11 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |