CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 男は敵、女はもっと敵 山本幸久 | main | ▲ 家族の言い訳 森浩美 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 町長選挙 奥田英朗
町長選挙町長選挙
奥田 英朗

文藝春秋 2006-04

シリーズ3作目という事で、マンネリ化して面白く感じられないんじゃないかって、それが心配で。読むのを延ばし延ばしにしていましたが・・・全然心配いりませんでした。面白かった!それに、読むのが遅くなり過ぎなくてよかったです。時事ネタのパロディがわからなくなる前に、読むべき本でしたね。ギリギリセーフ。

なんとなく、前2作より、トンデモ精神科医伊良部先生の影が薄くなっているような気がしました。ただ慣れただけかもしれないけど。他のゲストキャラがたっているせいかもしれませんね。

△ オーナー
球界再編問題に絡む、大新聞社の会長「ナベマン」が、生涯現役でいたいと願うあまり、死への恐怖から、パニック障害に陥ります。きっと内側を見られるものならば、このパロディより現実のほうが何倍も見ごたえがあるんだろうな。でも、小説は読後感が爽やかで良かったです。

△ アンポンマン
時代の寵児、ライブファスト社長「アンポンマン」が、若年性アルツハイマーと診断され、まゆみちゃんの注射にジタバタし、幼稚園生と一緒にひらがなの練習をします。現実の「アンポンマン」に、この小説の「アンポンマン」程度でいいから、可愛げがあれば・・・。ニュースももう少し見やすくなるのに。

△ カリスマ稼業
四十台のカリスマ女優「白木カオル」の物語。こりゃあ、女性にとっては、かなり辛らつな短編ですね。でも、ラストの、看護婦・まゆみちゃんの歌の歌詞には同感です。年をとるのは仕方ない事なんだから、素直に受け入れたいものです。

でも、単なる若作りのオバサンと、プロの女優意識がさせる美への努力は、一緒にして欲しくなかったような・・・。

○ 町長選挙
離島に短期赴任することになった伊良部先生が大活躍!この本では、唯一、伊良部先生らしい伊良部先生を見られて大満足。登場人物も、有名人のパロディではなくて、現実に生きている市井の人々のパロディで、この作品だけは、きちんとした小説として読むに耐えました。とても面白かったです。

有名人のパロディが悪いってことは全然ないんです。でも、作品が軽く見える。薄く見える。すぐに古くなる。私はあまり好きではありません。
| あ行(奥田英朗) | 01:12 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | - |