CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 時の“風”に吹かれて 梶尾真治 | main | オートフィクション 金原ひとみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ぎぶそん 伊藤たかみ
ぎぶそんぎぶそん
伊藤 たかみ

ポプラ社 2005-05

ガンズ・アンド・ローゼスにはまったカズの熱意におされて、文化祭に向けてバンドを組むことになった4人の中学生の、王道の青春小説です。友情、初恋、音楽、親との軋轢、初めての身近な人の死。伊藤たかみさんの本は、一般文芸は抽象的で哲学的で、ついていけないことがあるんだけど、YAはシンプルでわかりやすくていいですね。その中でも、この「ぎぶそん」は、とくにわかりやすいし、爽やかで読みやすい1冊です。

ただ、この本には、イマドキの中学生ではなく、平成元年の中学生が描かれているので(だってガンズですし・・・)、完全に子供向け、というわけではないように思います。いまどきの中学生はガンズを知らないと思うし、携帯が出てこないことに違和感があるし、はやりものも違う。全然違うなあと感じるか、やっぱり青春は青春で同じね、と、感じるかは人それぞれだと思いますが、YAではあっても子供だけのための本ではなく、伊藤さんと同世代の人が、自分の青春を振り返って懐かしめる、そんな1冊だと思いました。

私も近い世代の人間だし、この本の主人公リリィと同じように女子とつるむのが苦手で、リリィと同じようにバンドをやってドラムを叩いていた。でも、なぜか彼女にはあまり感情移入できませんでした。リリィはとにかく初恋に夢中なだけで、可愛らしいんだけど、読んでいて面白くないと言うか・・・あんまり共感できるキャラではなかったです。それがちょっと残念。男の子たち3人のほうが、それぞれに魅力的でした。とくに、かける、ね。

第21回坪田譲冶文学賞受賞
| あ行(伊藤たかみ) | 15:00 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:00 | - | - |