CATEGORIES
LINKS
<< ● きみの歌が聞きたい 野中柊 | main | ▲ 時の“風”に吹かれて 梶尾真治 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ミーナの行進 小川洋子
ミーナの行進ミーナの行進
小川 洋子 寺田 順三

中央公論新社 2006-04-22

家の事情で、芦屋に住む伯母の家に預けられた中学1年生の朋子と、伯母一家との1年間にわたる交流を描いた物語です。基本的には、1970年代前半の、古き良き少女時代を描いた本。万博博覧会、浅間山荘事件、ミュンヘンオリンピックなどが記憶にある方には、懐かしい本だと思います。

ミーナは伯母の一人娘です。本が好きで、喘息もちで、学校へはコビトカバにのって通っています。朋子とは1つしか年が違わず、2人はすぐに仲良くなります。

芦屋の家族は、ミーナのほかに、ドイツ人のローザおばあちゃん、おじさん、おばさん、ミーナのお兄ちゃん、家政婦の米田さん、運転手の小林さん。彼らそれぞれに、それぞれの温かかったり、切なかったりする物語があります。それを知ることで朋子は新しい世界を知り、成長していきます。

社長一家ということで贅沢な暮らしを送る家族ですが、影もあります。家にほとんど帰らない男たちと、ほとんど外出しない女たち。ミーナの家族は、けして理想的とは言えません。歪んでいます。その歪みの中で、体の弱いミーナが、マッチ箱の物語を胸に抱いて成長していく姿が、この本の中には描かれています。この本に描かれてはいない、朋子が来る前のミーナを想像すると、なんだかとても痛々しかったです。

そしてとにかく、挿絵が素敵だった!わたしにとってのこの本の感想は、これにつきるような気がします。小説の内容は、少女たちの成長と、1つの家族の物語として、しっかり展開されているし、キャラもそれぞれたっていて、読み応えがあるのですが、やはり挿絵です!挿絵がいいんです!単なる挿絵ではなく、挿絵と物語が合わさって、1つの世界がしっかり作られている気がします。

というわけで、これは、買って手元に置いておきたい本です。文庫化するときどうなっちゃうんだろう。きっと挿絵ははずせない、と、誰もが思うだろうから・・・ちょっと値段が上がるのかな?

それから、小説の本筋とはあまり関係のないところで、この文章が好きでした。
ただ一つの例外は本だった。ミーナが読みかけの本を、サンルームのテーブルに開いたまま伏せておいてあったとしても、米田さんは決して勝手に片付けたりしなかった。ページの反対側にはまだ見ぬ世界が隠されており、本はその伏せられた形によって、残りの世界に戻るための入り口を示しているのだから、むやみに触れてはならない。ミーナが迷子にならないために。そう、米田さんは心得ていた。
第42回谷崎潤一郎賞
| あ行(小川洋子) | 02:08 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 02:08 | - | - |