CATEGORIES
LINKS
<< ▲ ロスト・ストーリー 伊藤たかみ | main | ● 廃用身 久坂部羊 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ ほどけるとける 大島真寿美
ほどけるとけるほどけるとける
大島 真寿美

角川書店 2006-07

きっかけはちょっとした人間関係のもつれですが、結局はたいした理由も、将来への展望もなく、勢いで高校を中退してしまった、18歳の美和。どんなバイトをしても続かず、夢も希望も自信も失って、今は、祖父の経営する銭湯でバイトをしながら、先の見えない日々を過ごしています。

序盤で、大和湯の常連客について語る美和のこんな言葉に、ものすごく共感して、一気に美和に共感してしまいました。
年季が入ったおしゃべりの難易度はけっこう高い。どこかに多量の毒を孕みつつ、表面的には対して誰も傷つかないですいすい前へ進んでいく。眺めながら、あんなふうにするすると綱渡りみたいに誰かと関係していくなんて自分には百年たっても無理なんじゃないかと思え、ため息が出そうになった。
いやー、本当に、私もそう思います。本当に私も、女同士のあの世界には、小学生の頃から現在に至るまで、できるだけ関わらずにいようとしてきたし、関わった場合、いたたまれない思いをした記憶しかありません。女の子は大好きだし、女友達は大事だけど、ある程度の人数の女が集まった仲良しグループっていうところで、うまくやっていくには、そうとうのバランス感覚と、柔軟性と、ある意味での鈍さと、たくましさが求められ、女性の多くが生まれながらに持っているそれを、私は持ってないのです。

かといって、私が男らしいかといえば、そうではないんですよね。男性は、そういう女性グループが孕んでいる「毒」や「棘」に気がつかないことが多いようです。気がつくタイプの男性も、それは何か理由があって学習しただけであって、「毒」や「棘」に、うっかり気がついて滅入ってしまう私は、非常に女らしいのです!!!

まあ、そんなことはどうでもいいんですけど。とにかくそんな感じで、美和をすっかり好きになってしまったので、美和が大和湯の年配のお客さん達との関わりから、色々な事を学んだり、恋をしたり終らせたり、自分の将来を自分で見つけたりする様子を、温かい気持ちで見守ることが出来ました。舞台が「銭湯」という場所であることも、温かい気持ちにさせてくれたり、マッサージシーンがよく出てくることも、癒された気分になった一因かもしれません。私って、単純なので。

いい本でしたよー。美和がプロのマッサージ師になったころに、大和湯に行って、至福の時を過ごしたいです。
| あ行(大島真寿美) | 00:04 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 00:04 | - | - |