CATEGORIES
LINKS
<< ■ 盗作 伊藤たかみ | main | ● きみがくれたぼくの星空 ロレンツォ・リカルツィ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ トワイライト 重松清
トワイライトトワイライト
重松 清

文藝春秋 2002-12

科学者になるのが夢だった「頭のいいのび太くん」、克哉は、大人になった今ただのサラリーマンで、しかもリストラが目の前に迫っている。クラスのマドンナ的存在だった「しずかちゃん」、真理子は、ガキ大将だった「ジャイアン」、徹夫が、将来何か大きな事をやる人だと信じて彼と結婚した。しかし、その徹夫はどんな仕事をしても長続きせず、真理子の実家に借金をし、真理子に暴力をふるう。短い時間だけ同じクラスにいて、すぐに転校していった「スネ夫」、杉本は、重い病気にかかっている。一時は予備校の人気講師として活躍した「誰も知らないしずかちゃんの親友」、淳子は、人気が落ち目になり、行き詰っている。軽い知的障害があるらしい、浩平だけは変わらずにいる。

彼らはみんな子供の頃、ニュータウンと呼ばれた新興の団地に住んでおり、同じ学校にかよっていました。克哉たちは26年前、小学校の卒業記念に、担任の「ドラえもん」、白石先生の提案で、タイムカプセルを埋めました。白石先生はタイムカプセルを埋めたあと「痴情のもつれ」が原因の事件で亡くなっています。

今では、ニュータウンは古くなり、どんどん人が出て行き、空洞化しています。人口も減り、小学校は廃校がきまりました。その前にタイムカプセルを掘り出そうと、かつてのクラスメートが、母校で再会します。

彼らはあの頃の白石先生と同じ年頃になっています。夢でいっぱいだった小学生時代の記憶が次々によみがえることは、38歳になった自分たちの、けして明るくも楽でもない現実をつきつけられるだけで、それぞれが心を乱します。

克哉はリストラにどのように立ち向かっていくのか、真理子と徹夫の家族はどんな未来を選ぶのか、死期の迫った杉本の望みは何なのか、少し分厚い本ですが、先が気になって一気に読めます。たくさんの登場人物を、ドラえもんの登場人物になぞらえて、上手くイメージさせてくれて、面白かったです。いい本でした。「夢」と「現実」、「勇気」、「希望」、「未来」、「人生」様々なことを考えさせられました。どちらかというと暗い本ですが、読後感はいいです。

個人的にはやはり、杉本にノックアウトされました。スネ夫のくせにかっこよすぎ!

登場人物たちと同じ時代を生きた人、つまり、「70年型少年少女」には、たまらない一冊だと思います。どこに境界線があるのかはわかりませんが、少年少女が未来に果てしない夢を見ていた時代に育った人は、本当に共感できるのでしょう。バブルが崩壊したときに、すでに大人になっていた年代の共感を、ものすごく呼ぶと思います。

わたしは「80年型」で、ぎりぎりこの境界線の後に生まれたらしく、そういう意味では共感できませんでした。少女時代も別に夢に満ちあふれて輝いていたということはなかった(笑)し、大人になった今も、38歳の彼らほどの経験を積んでいないし責任を負っていません。

でも、やっぱり、いい本だったなあ、と、思います。とにかく、重松節全開でした。著者名が書いていなくても、重松さんの作品だってわかるんじゃないかなあ。(比較的)突飛なことをしているわけでも、(比較的)破天荒なわけでもない、(比較的)多くの人の共感を呼ぶ、(比較的)地に足のついた作品を多く書いておられるのに、オリジナリティがある。個性が確立していて、それを素人にもはっきりわかるほどに表現している。すごい作家さんですね。
| さ行(重松清) | 23:56 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:56 | - | - |