CATEGORIES
LINKS
<< ● イレギュラー 三羽省吾 | main | ■ 盗作 伊藤たかみ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ そろそろくる 中島たい子
そろそろくるそろそろくる
中島 たい子

集英社 2006-03

三十歳を過ぎたイラストレーターの私。仕事もちょっとうまくいかないが、「そろそろくる」ころ、むきかけのゆで玉子を流しに叩きつけたり、呼吸困難におちいりながら泣きじゃくったり、嗚咽しながら冷蔵庫を開けたり閉めたり…。ひょんなことから彼になった友人の弟と、この不快さの原因を調べながら折り合っていく。癇癪、イライラ、過食、最悪だわ…原因は?そして恋のゆくえは。話題になった『漢方小説』の著者が描く体と恋。
なんでもない文章が、どうしてこんなにおかしいんだろう・・・。この作家さんは本当にいいですねー。はやく、次が出ないかなー。

PMSには30代でなる人が多いそうですから、わたしにもそろそろくるかもしれない。いまのところ実感したことがないのですが、いい勉強になりました。それにしても、みんな頑張ってるんだなあ。

主人公の彼女だけでなく、バツイチの彼氏のほうも、温かい視点で描いているところがよかったです。女はいろいろ大変なんだ!と、主張して、何かを要求したり、言い訳したりする小説にはなっていなくて、誰にでもいろんなことや、いろんなときがあるんだから、自分とも相手とも周囲とも、なんとか上手くつきあってみようよ〜みたいな、穏やかでやわらかな主張が素敵でした。最後の彼の一言にも笑わせてもらいました。
| な行(その他の作家) | 22:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 22:32 | - | - |