CATEGORIES
LINKS
<< 第135回芥川賞・直木賞 ぷぷっ | main | 第135回芥川賞・直木賞 角田光代&伊藤たかみにびっくり? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 夜離れ 乃南アサ
夜離れ夜離れ
乃南 アサ

実業之日本社 1998-05

図書館で、乃南さんこんな本も出してたんだ〜、知らなかった。発見、発見、と、思って借りてきたら、自分の本棚にあった、という・・・まあ、よくある話(^_^;)。だからたぶん再読なんでしょうねー。まったく記憶にありませんが。

乃南作品は、短い期間に、集中的に読んだので、どれがどれやら分からなくなっていたりします。特に短編集はね。もう、どれがどれやら、さっぱり、です。

この短編集のテーマは、結婚、のようです。全体としては、女って怖いわ〜っていう感想になってしまうのですが、どのストーリーも、どこか突き抜けているというか、キャラクターの行動が極端で、意外にドロドロはしていない、不思議な読後感でした。

□ 4℃の恋
ナースの晶世は、祖父が危篤状態で、自分の病院に入院しています。よくあたると評判の、先輩ナースの勘によると、あと2日くらいで亡くなるようです。しかし、晶世にはその日から、旅行の予定があるのです。どうしても行きたいのです。晶世のとった手段は?女って怖いわ〜。

□ 祝辞
しっかりものの姉と、甘えん坊の妹、といった感じで、役割分担のはっきりした親友同士がいて。で、片方が結婚を決めたときから、二人の関係は狂い始めます。ストーリーも人物造形も、あまりに型どおりなので長編だったら興ざめするところですが、この短編は良かったです。もうあまりに型どおりで、笑うしかないって感じ。ラストの結婚式シーンなんて、もう、本当に笑えました。実際にやらなくても、やりたい、って、思ってる人は、どの披露宴の会場にも1人や2人、必ずいるんでしょうね。

○ 夜離れ
これは面白かったなあ。学校を出たら家庭を持ち、妻となり母になり、多少の波風はあっても、平穏で無難な人生を歩む。そう決めていた比佐子ですが、卒業時に未曾有の就職難にあい、赤坂でホステスのアルバイトをすることになります。ホステスの仕事は順調で、金と物に満たされた派手な生活を、比佐子は楽しみます。ところが比佐子の、地味で普通の結婚がしたい、という考えは変わらず、その目標を叶えるための比佐子の努力が始まります。しかし・・・。オチが良かったです。そう来たか!って感じで、言葉を失いましたもん。

ほかに

△ 青い夜の底で
□ 髪
△ 枕香
| な行(乃南アサ) | 07:39 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 07:39 | - | - |