CATEGORIES
LINKS
<< ■ 銀河のワールドカップ 川端裕人 | main | ■ ザ・チーム 井上夢人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
芥川賞・直木賞候補について語れない。
芥川賞
「八月の路上に捨てる」伊藤たかみ(文芸界6月号)
「ナンバーワン・コンストラクション」鹿島田真希(新潮1月号)
「大きな熊が来る前に、おやすみ。」島本理生(新潮1月号)
「点滅……」中原昌也(新潮2月号)
「生きてるだけで、愛。」本谷有希子(新潮6月号)

直木賞
「砂漠」伊坂幸太郎(実業之日本社)
「安徳天皇漂海記」宇月原晴明(中央公論新社)
「遮断」古処誠二(新潮社)
「愚行録」貫井徳郎(東京創元社)
「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん(文藝春秋)
「風に舞いあがるビニールシート」森絵都(文藝春秋)

例によって例のごとく、芥川賞作品に関しては、まったく読んでいないので語れません。ただ、作家さんから言うと、今回は島本さんじゃないのかな、という気がします。消去法で(失礼かな・・・)。W受賞がありえるなら中原さんだと思います。

直木賞のほうも、今回は読んでないので、まだあんまり語れないんですよねー。

誰にとらせてあげたいか、と、言われれば、恩田陸さんが入っていない以上、伊坂幸太郎さんなんですけど。でも、わたし、「砂漠」という作品には、そんなに思い入れがないのです。「終末のフール」が候補だったら、燃えたんだけどなあ・・・。伊坂さんは、今回も、見送りのような嫌な予感がします。

「安徳天皇漂海記」には、めずらしく挫折しております・・・。歴史小説は好きなはずだし、題材も魅力的だったんだけど、なぜかストーリーが全然肌に合わなくて、ダメでした。今年の挫折本は、まだ3冊なので、本当に合わなかったんだな・・・。最後まで読んでいないので全然語れません。

で・・・残り4冊は、手もつけてないんですよねー。「遮断」は手元にあるので、すぐに読めそうですが、ほかは図書館予約待ち中。

貫井徳郎さんは好きなので、取ってくれたら嬉しいけど「愚行録」を読んでないので、なんともいえません・・・。

文春は女流のお2人なんですね。なんか、弱い駒だなあ・・・という気がします・・・(また失礼なことを(^_^;)。「まほろ駅前多田便利軒」はまだ読んでいませんが、小説家としての三浦さんの良さって、私にはまだわかってないんですよー。エッセイは好きなんですけど。「風に舞いあがるビニールシート」も読んでないんですけど、森絵都さんの大人向けの作品って、まだ直木賞をもらうには早いようなレベルなんじゃないか・・・と、読む前から心配しています。

語れない語れないと言いながら・・・ずいぶん語ってしまいました・・・。もう少し読めたら、また熱く語りたいと思います。
| 雑文 | 10:32 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:32 | - | - |