CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 土の中の子供 中村文則 | main | ■ マエストロ 篠田節子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 破裂 久坂部羊
破裂破裂
久坂部 羊

幻冬舎 2004-11
医者は、
三人殺して初めて、
一人前になる。
帯より。

日本では、患者が未熟な研修医の練習台にならざるを得ず、たくさんの医療ミスが闇に葬られている。新聞記者である松野は、そんな「痛恨の症例」についてのノンフィクションの執筆を思いつきます。大学病院に勤務する若き麻酔科医、江崎は、そんな松野の取材に協力することにし、妨害に合い迷いながらも、証言を集めていました。

そんな折、江崎の勤務する大学で、事件は起きます。エリート外科医、香村が、手術時の医療ミスで患者を死なせてしまったのです。香村は次期教授候補であり、教授選を前に、このミスを隠そうとやっきになります。しかし、夫の死に疑問を持った、亡くなった患者の妻、枝利子は、江崎と松野の協力を得て、大学病院と、香村を相手に医療裁判を起こすことにしました。

たくさんの壁が立ちはだかる、松野のノンフィクションはどうなるのか?枝利子の起こした裁判の行方は?

という、ストーリーの小説かと思いきや、それだけではありませんでした。この本にはもっと奥行きと広がりがあります。江崎も、香村も、関係する医師は、厚生労働省のマキャベリと言われている、佐久間という官僚に監視され操られていました。佐久間は、日本の超高齢化対策として、子供を減らすのではなく、老人を減らせばいい、と、考えていました。要するに、死にたい老人は死なせてやればいいという思想を持っているのです。佐久間は、そのために、香村を利用しようとします。

佐久間は人脈を増やし、地位を手にし、世論を操り、ハードを整え、着実に計画をすすめていきます。彼は日本を変えられるのでしょうか?

・・・という感じで、かなり複雑なストーリーでした。長さの割りに主要登場人物も多く、テンポ良くどんどん事件が起きて、飽きない。目新しさはないものの、楽しく読めました。現役の医師の方が、副業として書かれたとは思えないほど、文章も読みやすかったです。

ただ、問題提起小説として読むなら・・・。

新人医師の研修制度問題。麻酔医にかかるストレスの問題。大学病院内の出世争いと派閥対立などが、患者の不利益になる、いわゆる「白い巨塔」問題。組織ぐるみの医療情報の隠蔽の問題。患者側が裁判で医療ミスを証明するのがいかに難しいかという事。寝たきり老人の介護問題と、安楽死の善悪。超高齢化社会対策。etc。

たくさんの問題を詰め込みすぎて、頭がパンクしそうになって、何もじっくり考えられなかったのが残念です。医療ミス関係で1冊、ぴんぴんぽっくり関係で1冊、そんな風に分けたほうがよかったと思います。
| か行(久坂部羊) | 23:35 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:35 | - | - |