CATEGORIES
LINKS
<< ▲ 参加型猫 野中柊 | main | ● The MANZAI あさのあつこ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
● K・Nの悲劇 高野和明
K・Nの悲劇K・Nの悲劇
高野 和明

講談社 2003-02

良かった!面白恐かった!上手い!

フリーのライターである修平は、最近「快適暮らし学」という本がヒットして莫大な印税を手にし、それを頭金にして、ずっと夢だったマンションを購入しました。ローンは契約社員として働く、妻、果波の収入で払っていくつもりです。夫婦は幸せの絶頂にいます。

ところがそんな折、果波が妊娠します。果波が仕事をやめれば、せっかく手に入れたマンションを手放さなければなりません。修平は、果波に中絶するように言い、果波もそれに納得します。しかし、その決断をくだしたときから、果波は精神に異常をきたします。それは傍目には、誰か別の凶暴な人間が、胎児を守ろうと「憑依」したように見えました。

彼女の治療をすることになったのが、休職中の精神科医、磯貝です。磯貝は、不妊を姑に責められてうつ病になってしまった自分の患者が、目の前で自殺を図るというショッキングな経験をしたばかりです。磯貝は修平と果波の周りで起こる、数々の超常現象に、科学的・医学的な説明をしながら、果波を治療しようとします。

果波の中に生まれた別な人格は、いったい誰なのか?果波の精神の病なのか、それとも死者の憑依か。修平は果波を愛し、支え、守り抜くことが出来るのか。赤ん坊はどうなるのか。磯貝は、医師として立ち直ることが出来るのか。

読みどころ満載で、とっても展開の面白い本でした。修平、果波、磯貝、というそれぞれの人物造形と、その配置が上手い!超重要人物が、ラスト近くにやっと出てくる、など、ちょっとした欠点も見られるのですが、やっぱり全体として、上手い小説でした。

1冊の本の中での修平の心境の変化が、とても清々しくて、読んでよかったなあという気になりました。それから磯貝先生も、小説の中では最近珍しい、本当にいい先生なので、これからも頑張って欲しいです。
| た行(高野和明) | 17:21 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 17:21 | - | - |