CATEGORIES
LINKS
<< ■ テロリストのパラソル 藤原伊織 | main | ● あやまち 沢村凛 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■ 決めかねて 新津きよみ
photo
決めかねて
新津 きよみ
祥伝社 2003-10

by G-Tools , 2006/05/16

子供を作るか否かで夫とすれ違い始めた志奈子。幼なじみのプロポーズに戸惑う智美。不倫相手になかなか別れを切り出せない佳代子。それぞれの悩みを抱えた三人が西銀座の有名占い師のもとで出会ったとき、彼女たちに転機が訪れた。急速に親交を深める三人を待ち受ける新たな恋、ストーキング、殺人事件…。三十代半ば、焦りと不安が入り交じる女たちの決断とは。
それぞれ悩みを抱えた、大人の女同士の友情もの、というわりに、まったくドロドロしていなくて、さくさくさらっと読めました。大人になってから友達を作るのって、難しい。仕事で付き合う人や、近所の人などとは、末永く仲良くするために、ある程度の距離をとりながら、付き合うのが、賢いし、礼儀正しいですものね。思いがけないところで、新しい友達ができて、なぜか馬が合って、びっくり・・・っていうこのシチュエーション、ちょっと憧れるなあ。

女同士の友情って「ドロドロ」に描かれがちですが、それって一部の話ですよね。女の友情って、意外とサラリとしていて楽なものです。私には、学歴コンプレックスや、出世競争でお互いを意識しまくっている、男同士の友情の「ドロドロ」を見る機会が時々あるので、こういうのって本当に男女は関係ないんだなあ、と、思います。

三人それぞれの物語が、それぞれに納得のいく形で終ってくれたので、後味もいいです。特に、志奈子のラストシーンが良かったです。志奈子と母親の物語って、深く描こうとしたら、それこそ究極の「ドロドロ」劇になりそうだし、実際にはこんなに簡単に和解はできないのかもしれないけれど、志奈子はこの場所からでないと、新しい自分の人生が作れないんだと思います。幸せになって欲しいです。
| な行(新津きよみ) | 15:31 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 15:31 | - | - |